日記帳をレンタルしているHPランダムリンクボタン

[ 画像アップ掲示板なら、さくらBBS 保存1000件 ]

ぼちぼち更新日記 獏のげっぷ


卓袱台に花を。
     ...2004/12/24(Fri)  No.195  


クリスマスイブとて我が家では、特に特別な会を開く予定もなく普段通りの晩ごはんであったが、スーパーで「鶏の足」を二本買って来た。それと花屋で花2本。そこへ夫が思いがけずコンビニで箱積みになっていたクリスマスケーキ(チョコレート)と安いワインをぶら下げて帰ったので、少々浮かれて本日出すつもりじゃなかった黒オリーブを前菜の上に刻んだりしてしまう。そして、夫はチキンを大興奮で食べた「どーやって味付けしたの?」としきりに聞いてくるが、塩こしょうして、にんにくとクミンで焼いただけ。でも、そーか、もしかしてこーいうのが嬉しいのか?!と妙に納得。これからちょくちょく出してあげようと思う。私も子供の時大好物だったものなー…。
私は私で食後に、うやうやしくケーキの上にローソクを立てて火を点けると、電気を消したりして(笑)、何だか二切れも食べる張り切りよう。その後は人形アニメのDVDを観て笑った。我が家には21世紀になってまだなお、シャンメリーが似合う「昭和のクリスマス」が健在なんである。


毎日の糧。
     ...2004/12/23(Thu)  No.194  



起きてすぐ「仁左右衛門の湯」(温泉銭湯)に行く。冬空の下の露天風呂が気持ちよかったなー。
午前中に沖縄に暮らす友から少し早めのクリスマスプレゼントが届く。中身は彼女が焼いたパンやナッツとフルーツがふんだんに入った固いケーキと柔らかいケーキと庭でとれたレモングラスやイタリアンパセリや香菜等、それから小さい籠に盛られた小さいパン達!あまりに可愛いので、廊下で小さいパン屋を開店中。それにしても、最近買い物をしなくても良いくらい頂き物で毎日贅沢に食事していて、幸せ。
パンだけは買わないとなーと、思っていたけどしばらくパンも買わずに過ごせます。ありがとう。

 
マッチ箱と比較して下さい。


鴨川
     ...2004/12/22(Wed)  No.193  
冷え方が少し冬らしくなって来ました。嫌だナーと思いながらも、どこか「ほっ」としてしまう。今日は酉展から戻ってきた鳥のオブジェをカバンに詰めて、某店へ行商に。自転車で鴨川べりを走りながら心はいつしか「かさこ地蔵」ああ、正月の餅が買えるだろうか?とか。ほっぺが冷たい。鍛えてない肺がヒューヒュー、向かい風のせいで心なしかいつもよりペダルが重い。うー・・こんな時にタイヤの空気が少ないなんて。
ふと、川を見ると水が少なくて、川底がほとんど丸見えで、普段まあまあ綺麗だと思っていたけど、随分色んなゴミが落ちている。粉ミルクのミルク缶なんかいくつも転がっている。遠浅で潮干狩りするかのように、鴨たちが群れになって水中に顔を浸けて餌を獲っている。
四条を越えた辺りか、急に水かさが増えて透明に限りなく近いけれど、ほんの少しだけあおみどりを溶かしたような色の深みが橋のたもとに見えた。その水面は、激しくもなく優しくもなく何ともうつくしい様子で動いている。その奥に石か沈んだ流木にひっかかって、男物のへこ帯が一筆墨でひいたように流れている。かと思ったら大きな真鯉が流れに逆らってずーっと一所に沈んでいるのだった。


冬至。
     ...2004/12/21(Tue)  No.192  



今日は冬至。
鳥取のおばあさんが持たせてくれた南瓜を焚いて、柚子湯に浸かって人並みに。
「柚子に穴あけんと匂いがでんよ。」と言いながら夫が風呂で柚子に穴をあけていた。
良い匂い。
マトリカリアを植木鉢に植えて春までの楽しみに。


夫の日記。
     ...2004/12/20(Mon)  No.191  


夜更けに仕事の件で、ごちゃごちゃ考えている内に夫のサイトを何げに覗いた。日記のページに、最近読んだ小説の書評らしき一文が添えてあり、私のモヤモヤに対する答えを見つけた気がして少し勇気づけられる。「心にしっかりと 自分の場所を決めれば もうすこしがんばれる」

ほほう 。





SearchMasterHomePage



- 無料日記帳レンタルSARASOU.COM - 日記帳検索エンジン -

- この日記帳内容に問題がある場合はこちらからお知らせください -