日記帳をレンタルしているHPランダムリンクボタン

ぼちぼち更新日記 獏のげっぷ


土佐久礼の浜に遊ぶ。
     ...2005/03/26(Sut)  No.244  



引っ越しを明日に控え、荷物もほぼ完璧に。父親は毎晩送別会だなんだと宴会続きでゴキゲンにヘベレケ。そろそろ退屈してきた私は母にせがんで(車の免許を持ってません)土佐久礼の海を見に出掛ける。ぶらっと市場のアーケードをひやかして歩いた。イカの子が混ざったじゃことエソの一日干しを買う。なにもかにも安い。店番のちっちゃいおばあたちが、ちっちゃいまな板の上で器用な手付きで魚をグルグル回しながらおろしている。野菜もちょこっとだけ売っている。私「ブロッコリー安いねえ。」母「…… 高いよ。」そーか…そーなのか。帰省するたびに食材の価格がむちゃくちゃ安いのとその種類の多さに毎度ながら驚く。未だ高知は豊かである。野菜の色形も個性的で美しい。特に外で売っている物は生産者の名前が書かれていてそれぞれ違うから大量生産ではなく作家ものの野菜という感じ。お腹が空いて近くの喫茶店らしい喫茶店でピラフとカレーを注文したら家庭的な味でとても美味しくて550円。その後浜に降りて拾い物をして遊ぶ。母がテトラの上から塩だまりまでビックリするスピードで降りて私は「危ないってば!!」と言いながら上から覗くだけ。母「ナマコおらんかな?」ておったからとてどうするつもりなのだ?!1分くらい水をかき回して又ゴイゴイ登ってきた。どうせ夜になって腰が痛い足が痛いと言うに決まっている。最近の母の振る舞いは段々子供のように見えてくる。でもそれで良いと思う。





萌葱色
     ...2005/03/25(Fri)  No.243  
荷造りしながら、ついつい本や雑誌を読んでしまう。両親とも本好きなのでそれも雑誌やムック本なんかもたくさんあるので誘惑が多い。その中にちょっと前に話題になった「チーズはどこへ消えた?」があってこの手の本って嫌いだなあと思いながらもついつい読んでしまう。中には父が引いたであろう赤線が無数にあって泣かせる(笑)。変化がくる事を恐れず、変化がきても驚かず、変化を楽しんで進もう。という内容で主にビジネスマン向けの本。「チーズはいつでも持って行かれるものだ。」心に刻んでおこう。
5年間暮らしている内に、母は他人から見れば雑草のようなものから、小さな果樹まで所狭しと植えて増やして庭を一杯にしていた。更年期の鬱々とした彼女をただ黙って受け止めてくれる良き友達だったのだろう。それを出来る限り持って行こうとプランターや植木鉢に植え替えをしている。家財道具よりこっちの方が往生しそうだ…・






南国土佐は雪交じり。
     ...2005/03/23(Wed)  No.242  
高速バスで夜8時過ぎに京都を出て、翌日6時半に高知の窪川町に到着。ううう、寒い。早朝しかも山なので京都より寒いかも。
引っ越し前の荷物作りと掃除の手伝いをして一日過ごす。




帰ってきます。
     ...2005/03/22(Tue)  No.241  
実家の引っ越しの手伝いをしに高知に戻ってきます。カメラの充電しなくっちゃ。


そのまた後の小さい人たち便り。
     ...2005/03/21(Mon)  No.240  
辛気くさいのはもうヤめや!
と、いうわけで、以前紹介させてもらった「うさぎアパートメント」を買ってくれた小さい姉弟のその後の便りがまたまた届きましたので、謹んで掲載させて頂きます。

ー マッチ箱のうさぎの遊びは 日々進化しています。留守中の父親のスリッパをそれぞれの「船」にみたてて荷物をいっぱい積み込んで2匹は今航海にでてますよ。
ところが先日アクシデント発生。
朋がの乃のうさぎを踏んで耳がとれてしまいました。
朋いわく「踏もうかなあと思って」踏んだそうな・・・。
これには、の乃もショックで、 まあ耳はアロンアルファで修復しましたが。子どもは時に 平気にザンコクなことしでかすものだなと・・・。ー

踏もうかなぁと思って…か。
おばさんもうついていけません。好きにして頂戴(笑)。
でも の乃ちゃん も 朋くん も元気で育ってくれてて、ありがとう。




SearchMasterHomePage



- 無料日記帳レンタルSARASOU.COM - 日記帳検索エンジン -

- この日記帳内容に問題がある場合はこちらからお知らせください -