日記帳をレンタルしているHPランダムリンクボタン

ぼちぼち更新日記 獏のげっぷ


子供の質問
     ...2005/07/20(Wed)  No.331  
今朝いきなり思い出して、頭から離れなくなったこんな会話(ちなみにいつどこで聞いたのか全然思い出せない)。
「子供ってこわいわー、急に何言い出すかわからんやろ?うちの**子は昨日幼稚園から帰ってきて『おかあさんはいつ大人になるってわかったの?』て何回も聞くねん。何考えてるかわからんわ。」わはは、いつやろ。



夫は去年から睡眠時無呼吸症候群の治療中なのだが、某医療機器メーカー [だけじゃない○ジン] から交換用フィルターとマスクが送られてくる。本当はもっと早く取り替えなくちゃいけなかったらしい(ゾー…)。だいじょぶ??
オトナッテ タイヘン ダワ//


水たまりのような幸せ。
     ...2005/07/19(Tue)  No.330  


西岡さんから西瓜のお裾分けのお礼状が届く
シュテファン・バルケンホール(ステファンじゃ駄目なの?)の絵葉書。
近所に住んでいつでも会える人から貰った手紙は意外に嬉しいものだな。電話で伝えれば良さそうなこともサラリと葉書にしたためて送られると感じが良い。しばらく台所やら居間やら洗濯機の前を手に持ったままウロウロし、その後エプロンのポケットに入れていて、やっとデスクの上に飾る。(この時にはがきの写真面をこっちに向けるか裏の手紙の部分を見えるようにするのか少々悩む)
さて、あんまり仕事について書かないと、横浜のこんちゃんが心配するといけないので少し書くことにすると、この所は鳥やら犬やら作っている。(正確に言えば鳥はまだスケッチしているだけである)鳥はあんず舎さんからの注文で犬は今年の暮れにギャラリー数寄で開催予定「戌展」のDM用サンプルである。犬は四本足なのでバランスが難しいけど、それだけに立っているだけで面白いという感じがする。
犬は飼ったことが無いし、猫のように勝手にひとんちまでじゃらじゃら歩いても来ないから写真など見るが、なかなか私好みの犬は見つからない。最近雑種が減ってきていかんなー。
夕方、業務用スーパーへ行く。サニーレタス¥38グレープフルーツ4つで¥298ニガウリ¥68ニンジン2本で¥88ビーフン8つ入り¥80トマトジュース¥38 ちょっと小躍りするくらい安い。


タカダワタル的を観た(DVDでだけどね)☆
     ...2005/07/18(Mon)  No.327  
連休最後の日、新作ビデオを返さなくっちゃ
1本¥100で有名な怪し気な某レンタルビデオ屋で夫が借りてきてくれたビデオ&DVDは「ゴジラ」「69」「ぼくんち」「海猿」「タカダワタル的」。残すところ後一本!という大事なときに○印良品の格安DVDプレーヤーがウンともスンとも言わなくなった。購入してから半年しか経ってないので、夫が自転車に乗ってひとっ走りプラッツ近鉄まで交換しに。
彼にとっては誘惑が多い百貨店(パソコンショップと本屋)のこと、なかなか帰ってこないので「素麺茹でてるよ!」と電話で呼び戻す(笑)古典的だが一番効く。



昼食後、新品のプレーヤーで残りの一本を鑑賞。どうかなと思ってたけど、全編愛ある視線で、それでいてベタベタしてなくとても良い記録映画。高田渡がのろのろと歩いたり唄ったり喋ったり飲んで寝てしまったりするのをじっと見守る何十分かである。音楽の時と普段の生活の間に境界線がまったく感じられない。全てが芸に見えるし、また逆に全くの無芸にもみえるまるで落語家のよう。ライブ中のMCで語尾が聞き取りにくいのも志ん生みたいで味がある。なんだか大きな猫が落語家になりたくて人間に化けて修行を積み、そのまま年老いて段々尻尾が出たりヒゲが出たりして猫バレバレになってそれでも高座に上り続けている。そんな妄想しちゃいました。企画の江本明氏に心からありがとうと言いたい気持ち。
それにしても、「どうも、どうも、やあどうも…」で始まる高田渡の「ごあいさつ」というアルバムをなんと長いこと聴き続けていることか、いまだ飽きたと感じたことはない。いつも大声で唄いながら聴く愉快になるからよい。映画は笑いながら泣きながら見終わった、ビールも飲んでないのにこんな気分になるなんてね。ホントホント


行列の先はインドなり・・
     ...2005/07/17(Sun)  No.326  
3連休で、夫が珍しく自宅にいるのよ、しょうもない事で喧嘩ばかりする。反省するのも早いが忘れてまた口論になる。喧嘩のお題は「郵政民営化」両者一歩も引かず、結果京大農学部前で車から降ろされ炎天下大荷物を抱えて歩く羽目になる(笑)我ながらアホらしい・・
それでも今日は中日(なかび)なので美術館にでも出掛けてみるか、と夫婦揃って大阪の国立国際美術館へ「シュテハン・バルケンホール展」を見に行った。メインでゴッホ展をやっているので行列が出来ているけどそっちは大丈夫やから。と某西岡さんから聞いていた



が、それは嘘だった。灼熱の中之島に100%関西弁の行列が出来ている。「待ち時間 75分」という看板を持ったアルバイトの兄ちゃんらが「はい、ゴッホ展、最後尾こっちでーっす!」と口々に叫んでいる。(ゴッホに見せたい、耳なんか切り落としている場合ではないのだ)ワタシら常設だけ見るのにゴッホは見たないのに並べというの?!列を分けて欲しいわ!「並んで待つ」なんてのは辞書にない夫婦は1分で美術鑑賞を諦めて、隣の科学館へ脱落。が、こちらはこちらで親子連れの列、プラネタリウムは何時の回もオール満席だぞ。いったい何に並んでるのか?カレーの匂い・・食堂への行列であった。トホホ 「カレー が食べたい。」完全に鼻から洗脳された夫婦は野生の感を働かせ、最短距離を歩いて近くのカレー屋に即行し30秒で注文してサクッと完食してその場(中之島周辺)を去る。人間腹さえ満たされていれば少々のことで喧嘩はしないものだ。これぞ真理

  


西瓜
     ...2005/07/15(Fri)  No.325  


夫の実家が鳥取です。なわけで、自家製の野菜と大きな西瓜を送って頂きました。ありがとうございます。お礼の電話におばあさんが出て「箱に入らんけえ、小さい方の西瓜を送りました。」とおっしゃる。ええ!!これが小さい方?ということはもう一つの西瓜は…。それにしても、自宅でこの出来上がりは素晴らしい腕だなーと感心して「おばあさん、畑上手ですねえ。」などと言ったけど夫が帰宅していうには「だってうち昔西瓜農家だったもん。」げげげっプロじゃん?褒めたつもりでしたが、失礼したしました。それにしても「赤ちゃんはまだ出来ませんでしょうか?」と今日も言われた、最近身内に限らず80を越えた先輩方が口をそろえて子供はまだか?と言われます。常滑でも二年ぶりに再会したおじいさん達(皆元気だった)に次々と「まだ腹は膨れんかあ?」と聞かれて、、そろそろタイムリミットなのか?私。知人の某お姉さまからは「大丈夫よ、40越えたら誰も言わなくなるから。」って、それもなー…。
西瓜のようにはいきません。
夕方仕事煮詰まってムーミン(パペット版)のDVDをiMacを使って見て、さて取り出し・・と思ったら出ない!う:ーう:ーとは音がするものの全然出てこないこうなったら帝王切開か?!と気ばかり焦るが細い針金を使ってなんとか無事に出てきた。やれやれ…

追伸 ねこてん終了いたしました。来て下さった方、あんず舎の山下さんありがとうございました。




SearchMasterHomePage



- 無料日記帳レンタルSARASOU.COM - 日記帳検索エンジン -

- この日記帳内容に問題がある場合はこちらからお知らせください -