日記帳をレンタルしているHPランダムリンクボタン

8月6日 午前5時より日記帳URLが下記URLに変更となります。 [詳細]
[ http://sakura.huua.com/cgi-bin/diary04/adiary.cgi?room=organsha ]

ぼちぼち更新日記 獏のげっぷ


妄想代理人
     ...2005/08/01(Mon)  No.345  


妄想代理人というアニメ(DVD)一気に2話とばして(レンタル屋の手違いで別のが入っていた)他全部を観た。オープニングから素晴らしいセンスでぶっ飛ばしていて否が応でも期待が増す。面白い!はー、こんなの作れる人たちがいるんだなぁ。日本ってすげーなぁ。弱者が秘めている計り知れない内なる力みたいなのを表現するというお得意のパターン。大友克洋の童夢、AKIRA あたりから脈々と受け継がれてきたものの集大成。ううーん、これは気に入りました。第一に漫画が巧い!素晴らしい。平沢進氏の手がけたオープニングの曲も素晴らしいのでサントラが欲しくなりました。もしも小説が書けたなら(西田敏行ふうに)書きたい話はあるのですが…悲しいかな文才がない。長編には耐えられないかと思うけど一つの物語の中の小さいエピソードとして散りばめて使えるくらいの威力はありそうな気がしてるんだけどってそんなの何千人もが考えている事なんでしょうね。表現できるって凄いことだなー。魔力だなー。

妄想代理人サイト
http://www.mousou.tv/


食い合わせ。
     ...2005/08/31(Sun)  No.343  


休日はおとなこどもの日になりがちで、今日はその典型的な日となった。昼食はすぱげてぃーミートソースに溶けるチーズを入れて食べ、夕飯はうなぎ弁当を買って貰って食す。ほとんど顎を使わないで満腹になってしまう。うなぎと梅干しは食い合わせが悪いというが、今日も梅干しを食べないわけにはいかないので(何日か前の日記参照)昆布茶に茗荷とふえるワカメでこさえた吸い物に一粒落として崩しながら頂いたが、強烈な眠気は襲ってきたもののどこも悪くはならなかった。やはり迷信かな。
台所の窓に今年もヤモリの子がやってきた。電灯の光に集まってくる虫を待ち伏せして食べるのだ。ヤモリ一族の血は代々受け継がれていて、去年は二匹来たのだ、今年はとりあえず一匹でガラスに張り付いて夜が来るのをじっと待っているようだ。
夕方夫についてチャリンコ漕いで宝くじを買いに行く。夫はサマージャンボ大きい山に何千円か張り、私は近畿宝くじの小さい山に小さく1000円張った。(貧乏性なんじゃないよ、貧乏なんだよ)それからプラッツ近鉄の無印良品でミキサーを買う。これで明日からジュースもカレーもドレッシングも作れる。ほくほく*ちなみに私の愛するプラッツ近鉄は来年2月で閉めることになってしまった、後にはヨドバシカメラが入る。お商売は容赦ない。心のよりどころはお金と引き替えにどんどん潰れていく。果たして京都でヨドバシがどこまでやれるのか?とくと見せて貰おう。まず駐車場が足りなくなるぞ、あそこの客は車で押し寄せるぞ。とか強気で言ってみても空しく…無印は残して欲しいなあ



着信アリ
     ...2005/07/30(Sat)  No.342  
お昼前、手元に置いてなかった携帯電話の着信履歴を見ると、見覚えのない番号から7回も連続して5分おきに電話を受けている。非常事態か?!留守電を聞くと「もしもしお母さん、今わたし小川コーヒーの前にいます。お母さんどこにいるの?電話してください!ほな。」若い女性のせっぱ詰まった声が言う。あ!間違えてる。完全にお母さんの携帯と間違えてかけてきてますねあなた。しかも5分おきに・・これは教えてあげるべきか?と思い、着歴の番号にかけ直すも電波が通じない場所に。お母さん!小川コーヒーの前で娘が待っていますよ!へんしも(土佐弁で「急いで早く」の意)行ってあげて下さい。キレかけてるよー。


小雪、お岩を演じる。
     ...2005/07/29(Fri)  No.340  


キタで飲んでいる夫から電話で「中島君をうちに泊めてあげていいかなー?」と聞かれて時計を見る午前0時前「今日は無理。ふたりでホテルに泊まってきたら?」とバッサリやる。と、しおらしく終電で帰ってきて、ざるうどんを自ら茹でてチュルチュル啜っている。よしよし。
DVDで蜷川幸雄演出の「嗤う伊右衛門」を見る。小雪のお岩がもの凄い。最高のはまり役だと感じる。小雪はいつもテレビ画面からはみ出てしまう女優だ、きっと(何かが)デカすぎるのだ。ドラマに出すと本人も景色も窮屈そうに見えてしまう。ましてキムタクの相手役なんぞミスキャストも甚だしい。映画はあまり期待してなかったがカメラも素晴らしいし、展開もしつこ過ぎず粗すぎずで、あれ?思ったよりもなかなかかいいじゃない?しかし、どうやって畳むかが大切。終盤になって突如蜷川幸雄の趣味の世界が爆発したのか?まとめる力が0なのか、意味不明なまま終わってゆく。日本の映画ってなんでこーなるの?もう芸術はえーわ!ちゃんとやろう! 


励まし
     ...2005/07/28(Thu)  No.338  
詳しく書けないけど、相変わらず静かにえらい長いこと凹んでいる。そして、夜中一時過ぎに友人に電話を掛ける。彼女が独身で気楽な一人暮らしな上、フリーで仕事をしていて、駄目な人に寛容なことでどれだけ助けられているかしれない。勝手でゴメンね。ダラダラと世間話しダラダラと愚痴を言い、ささやかな約束をして電話を切る。と明らかに元気になっている。言わせてくれてありがとうごさいます。感謝します。そーいえば、今日は嬉しいメールもいくつか貰った。アコーディオン弾きの新谷さんや梶山さんからも。こんな日記でも楽しみにしてくれている人がいるのかと思うと素直に嬉しかった。見えないけどこの向こう側に誰かいるのだなーと思うことがアナログで良いと感じるのだ。それに比べてブログはもうちょっと生々しい、読者に想いを馳せて書くのと意識して書くのでは全然違う、臆病な私にはこちらの方が向いている。あえて書き込みの出来ない日記形式をとっているのはそんなワケです。
隠し剣鬼の爪(DVD)を観る。面白かった。「あー、山田洋次やなー」と見終わるまでに何回言っただろう?10回くらいか。せつないのとおかしいのが交互に綯い交ぜになっている所。良い人間が出てくる所。演者がいつものメンバーだったのはやっぱり少し気になった、しかし松たか子が良い。永瀬正敏が良い。
本日もっとも気になるニュースは他人の眼鏡とコンタクトを盗んではコレクトしていた男が捕まった話。動機にもグッとくるもんがあるしピアノマンより眼鏡男のがよっぽど映画になりそうだわ。監督は今をときめく犬童か?それともやっぱり塚本晋也?




SearchMasterHomePage



- 無料日記帳レンタルSARASOU.COM - 日記帳検索エンジン -

- この日記帳内容に問題がある場合はこちらからお知らせください -