ぼちぼち更新日記 獏のげっぷ


梅酒が呼ぶ
     ...2005/08/05(Fri)  No.351  
丑三つ時をとうに過ぎた午前3時半、やっと薬掛けが終わり、窯詰めは明日やることにして寝床に就く。が、ちっとも眠れない。暗闇で横になって、ぶぅぅぅんと低く唸る扇風機の音を聞いていると、心配しても仕方ないことまで心配になってくる。馬鹿馬鹿しいので、えいや、と起き上がり台所に降りて梅干しと昆布のにぎりめしを7つこさえた。いっそのこと窯詰めをしてしまおうかと窯場に行ってやりかけたら、やっぱり足がヨロヨロしてとっても危ない。ここで壊してしまうと元も子もないと冷静になって中断。ごそごそと寝床に戻る・・・再び起き上がる。時計は4時45分、今度は流しの下に仕舞い込んでいる梅酒の瓶が気に掛かる。瞼の裏にくっきり映像が浮かぶ。もう一度階下へ降りて流しの下から梅酒の瓶をとり出す。
「あ。」梅酒の蓋が少しだけ開いている。
発酵したガスの力で持ち上がったのだろう、いけないいけない。急いで蓋を閉め直し、明るいところへ運んで眺める。あなたが呼んでたのね。



梅酒の瓶の隣に置いてた「梅シロップ」の方は琥珀色になって、すっかり飲める状態に仕上がっている。プツプツと細かな泡が上がってきて私を誘う。ワインの空き瓶を熱湯消毒して移し替えるとちょうど一本分。水で3倍に薄めて氷を入れてかき混ぜてちめたくして飲んでみた。わー!美味スィー!大成功だ。でも気持ちは大失敗!もっともっと梅を買って漬けておけば良かったよ。(毎度言ってる気もするが)
来年は梅を10kgは買う、絶対に買う。荷台に梅の箱をくくりつけた自転車を漕ぐところを空想しながら蒼くなりはじめた外を横目にもう一度寝床に入る。


ゆきえちゃん
     ...2005/08/05(Fri)  No.350  
先日作品のファイルを送った白泉社のM誌編集部様より感想のメールを頂いた。嬉しくなったので、積極的に勧めてくれた muku48 の女主人に報告の電話を掛ける。仕事の話から始まって、思わぬ長電話になってしまった。お店を経営するということは本当に大変なので、スンスンと聞いて相槌打つ事ぐらいしか出来ませんが、聞く。営業とクリエーターが思いっきり同一というのは痛い。心労も重なることであろう、ましてや幼い二児の母親も務めて時間がいくらあっても足りない事だろう。受話器を置く、通話時間 45分、その間一度も彼女の口から子供の話が出ない。すごいなー、ゆきえちゃんはそんな人。




アドレス変更のお知らせ☆
     ...  No.348  
上記にあるように8月6日の午前5時より日記のアドレスが引っ越します。「ブックマーク」とか「お気に入り」にココを入れてくれてる良い子の皆さんは(8月6日の午前5時以降に)リンク仕直してくださいね!ヨロシク!


オレは謝らない 
     ...2005/08/04(Thu)  No.347  
朝、お婆ちゃん所からお米が届く。感謝です。
注文していたサンバとヴォッサのコンピレーションアルバムも3枚届いた。夏なんである。せめて気持だけでも潮風を感じたいのである。ネット通販のレコ屋でCDを物色していて、タイトル(邦題)が凄いことになっているのに気付いた。あちゃらの曲名を邦題に訳するときに何かマジックが起こってしまうのか?試聴が出来なくてタイトルのみで判断する時は面白すぎて買えない。有名所ではカエターノ・ヴェローゾなんかがいい感じだ。 アルバムタイトルからして オレは謝らない である。いきなり何を意固地になっているのか?一曲目「何もかも間違ってる」 2「魔法」 3 「王族の食事」ときて 4曲目にいたっては 「助平」 すけべ?思い切りましたね。5 「原子のマラカトゥ」 6 「オ・ナモラード〜ウルジ・ドラコン」 7.「殺人的なもの」 と続き8曲目は 「爆弾男」 ほほー‥ 9 「黒い涙〜イカれてる」 10 「死なるもの」 11 「神の恩寵」 12 「カジュイーナ」 そして、何か吹っ切れたのか13曲目 「飛べ飛べアマガエル」 ってマジですか?



あとワールドミュージックの面白いところは音楽が生活にしっかり根付いていて本来の役割を担っているのを知る事だとおもう。村の女たちの歌、狩りの歌、帰宅の歌、老婆の日常のための歌、子供の踊りの歌、女房をなだめて引戻す歌。ワールドミュージックの入り口にいる私はブラジル音楽、キューバ音楽などを好んで聴くのだが、上級編としてはモンゴルのお隣にあるトゥバのホーメイとかが良さそうだ。「ノロジカの鳴きまね」 ※耳を裂くようなリアルな鳴き声、「ジャコウジカの鳴きまね」 ※ノロジカよりも少し細い鳴き声 「カモシカの鳴きまね」 ※吠えるような声 「フクロウの鳴きまね」 ※ヒュー、ヒューと夜空にかん高く鳴く鳥の声 「オオカミの遠吠えのまね」 ※悲しげな狼の鳴声 「熊狩りのかけ声-領主に狩りの幸運を祈る狩人の声」 ※狩猟に行く前に勇気を奮い立たせる男性の掛け声。ウォー、ウォーという掛け声 「カモシカ飼いのカモシカを呼ぶ声」 ※カモシカと会話しているような女性の声 歌「鶴を脅かさないで」「羊に草を食べさせるとき」。このアルバムの解説が大変懇切丁寧で好感をおぼえる。
「トゥバのホーメイに関心のある人なら、みんな持っているという教科書的な定番CDです。ホーメイが無伴奏で録音されており、どちらかと言うと学術的な内容。ホーメイの5種類のスタイルが収録されていますので、ホーメイを修得したい人、ホーメイを深く知りたい人には必聴盤となります。しかし、エンターテイメントとして楽しく聴きたい人には他のCDをおすすめします。((笑)途中割愛) ところで、ホーメイの練習でウーウーと唸るときは、ちょっとまわりにご注意を! 特に、人が近くにいるとき、夜中は避けた方が無難のようです。どこか体の調子が悪いのかと思われて、親切に救急車を呼んでくれちゃいますからね。」呼んでくれちゃいますね(笑)。


昔、友人に三上寛(青森県小泊村生まれの怨歌歌手)のレコードを薦めたら、夜にその子のルームメイトが心配して飛んできたというエピソードがありました・・オレは謝らない…。三上寛 だれも知らんか。


無理しないで
     ...2005/08/03(Wed)  No.346  
頑張り過ぎちゃったニュースを2つ

日本水産は2日、“いちごミルク味”の魚肉ソーセージを9月1日から発売すると発表した。ソーセージの売り上げは伸び悩んでおり、ソーセージを食べない子供も増えてきたため、子供の好きな果物を使った異色の組み合わせで人気回復を目指す。初年度の売り上げ目標は2億円。

妊娠早期に脳腫瘍(しゅよう)のため脳死と診断された米バージニア州のスーザン・トレスさん(26)が2日、女児を出産した。脳死の女性による出産例はほかにもあるが、トレスさんの場合はがんが既に肺などに転移、子宮に広がる前に胎児が十分に発育できるか時間との闘いになっていたため、内外の注目を集めていた。帝王切開で生まれた女児は体重わずか820グラムだが元気という。





SearchMasterHomePage



- 無料日記帳レンタルhuua.COM - 日記帳検索エンジン -

- この日記帳内容に問題がある場合はこちらからお知らせください -