ぼちぼち更新日記 獏のげっぷ


林檎の中に住んでる天然パーマの子
     ...2006/02/12(Sun)  No.509  


東風さんが天然パーマと知ってビックリ!日本人には珍しいクルンくるんのパーマなのだ。パーマ掛けたてだとずっと思っていましたのに。そんなわけで毎日ニット帽でりんごを大きなボール一杯刻んで天然酵母を仕込んでいる彼女にこの人形を差し上げた。今回私の無謀とも言える企画に心血そそいで付き合ってくれたお礼です。りんごのカップはシャーべットが入っていたもの、名前は「cochi」にしました。ぼろぼろになってても笑顔で頑張り屋の東風さん、うちの夫からはシークアーサーの酎ハイをもらっていた。
いっしょに明日もがんばろう。


パンと人形の楽しい集い♪
     ...2006/02/11(Sat)  No.508  
当日お天気は上乗、気温も高めで言うことなし。しかし、ツンドラはどうだか?と心配しつつ店へ向かう。東風に着くとすでにお客さまがいて、昨日深夜に二人であーでもないこーでもないと言いながらセッティングしたテーブルの上で人形をえらんで紙に包みパンを選ぼうとしているのが見える。



そして、知らないお客さん同士が同じベンチにちょこんと坐って、楽しそうにラッピングしている光景。これは今日のために心を砕いてきた私と東風さんにとっては夢のような光景でした。

本企画のコンセプトが確実にお客様に伝わった瞬間!素晴らしい!

 こちらは姉妹

その後も順調にお客さんは来て頂いてピーク時には普段のパンを買いに来たお客さんとイベントのお客さんで狭い店内が駅のプラットホームのような人混みに。そうなるとラッピングをゆっくり楽しんで貰うことは不可能になりどんどん後へつかえてしまう。家族連れのお客様にはしどろもどろのへんな敬語を駆使しつつ選んで頂いた人形を私が包みどんどんラッピングしていく。「うー!じっと見ないでえー、チョウチョ結びが6度もほどけるー。デパートの店員は絶対潰瘍出来るだろな。東風さんは昨夜8分しか寝てない。なのに笑顔で頑張っているのだ。行け!にしおゆき!飛べ!ここでやらなきゃ女が廃る!」とフル回転でショウもないことを考えつつ、珍しくエンジン全開で。その内に用意していた人形用(リボンをかけてセットしていた)パンが底をつく。oh!ピンチ!どうしようかとハラハラしていたらにしおゆき個展常連さん(プロのお客さんと呼ぶ)が人形を選んでからひとまず恵文社に待機して下さって、その間に必死のパッチでパンにリボンを通して補充して立て直す。ありがとうございます。すみません!助かります。

 お客さんがご自分でされたラッピング 上手!

奈良、大阪、兵庫、岐阜、愛知遠くからのお客様に恐縮。そしてズッシリ重い東風のパンをポーカーフェイスで沢山買い込んで帰る私の頼もしいお友だち達。東風さんもビックリ。いつもありがとう。大盛況で本日来客のお客様96人!最後は棚にパンがほとんど無くて、常連さん「あれ?今日はパン無いね」と帰って行かれる始末。そして明日でほぼ人形パンが完売。結局予定の91個を越えて2人がとっておくはずだった分も放出し、100個以上の人形パンを売り切り。さらに身内に諦めてもらったりメール頂いたりで、、、会期は20日まで。
にしお「明後日から何売る?」東風「・・・。」にしお「・・・うー、私人形焼くわ。」3月に焼き上がりのつもりの人形を窯に入れる決心をしました。



東風に新しい人形パンが並ぶのは16日(木)です。地方発送も再開します。トップページに参照のご注文方法でご注文下さい。
そして、高知の「海花」で開催中のイベント「2月のレストラン」へも発送いたします。そちらは17日から限定20個販売いたしますので、お早めにお越し下さい。


クロネコVSテフロン加工
     ...2006/02/8(Wed)  No.506  
クロネコヤマトが来なかった。3回電話をして結局来なかった。一度目は朝8時40分に電話して「午前中に集荷に伺えます。」と言われ、待ったが正午を過ぎてもクロネコ来ないの。一時過ぎ再度電話「あ、わかりました。ドライバーに連絡しますので、もう少しお待ち下さい。」夕方になりそれでも来ない。3度目の電話「あ、催促の電話してますねー、今少しお待ち下さい。」で、夜9時を過ぎた。こんなの初めて。そんなことでも人って落ち込めるのね。どうしようもない気持のまま母に電話して慰めを得ようとしたら。今日は格段の鬱らしく余計悶々としてしまう。その時東風さんから電話があった、今日「人形パン」用にテフロン加工の型を買う事になっていて、その使い心地を報告してくれる事になっていたのであった。従来の型は焼き上がった時に型とパンがくっついて離れにくい。そこで、テフロン加工の型を購入して効率を上げようと少々張り込んだのだ。「にしおさん、型来たんですけどね、テフロン加工って内側にしてあるんですね。」彼女が使うのは型をふせた状態で山になっている外側なのである。「わーはははは!!東風さん最高!大好き!」というわけで他人の不幸に力を得て今日もぐっすり眠れる私であった、型だけに、器が小さいなー。お後がよろしいようで‥‥




コップの水
     ...2006/02/07(Tue)  No.504  
自宅にいる間、テレビを一日中つけており、そうじゃない場合はラジオをつけている。音のない恐怖から永遠逃げようとする、中毒。天気予報が大幅に外れて東京に積雪。紀子様ご懐妊。男の子がやってくる?いいぞ!コウノトリ!ヒゲの殿下ファミリー!この人達はロイヤルファミリーをこんなにも落ち着いてやれるのにお兄さま家族の痛々しさといったらお気の毒で見てられないほどなのだ。これが長男長女の痛々しさなのだろう。長男長女のコップにはすでに水が満々に注がれていて、たった一滴の滴でも溢れかえってしまうのだ。それに引き替え次男次女のコップには余裕があり、少々水かさが増えてもそれを受け入れてしまえる気がする。ちなみに私は表面張力の長女で夫はひげ様系の次男。
※人形パンの売れ行きが店売り、地方発送共に順調です。ありがとうございます。まだ充分に数はありますが、11日に向けて少々出し惜しみをせざるおえない状況。ですので、勝手ながら地方発送を一時ストップします。12日からまた再開できるかもしれません。ご了承下さい。


初日+
     ...2006/02/05(Sun)  No.502  
「ぱんと人形の楽しい集い」 初日である。空が青く晴れていて洗濯物を干すのも気持ちよくて◎。と思いきや、電車に乗り継いで出町柳駅で地上に降り立つと細雪が空から舞台演出のように少しずつ少しずつ降ってきて一乗寺に到着する頃には吹雪いている。・・・。やっぱりここは京都のツンドラなのだ。開店前の東風に入ると中では山岸さんがワシワシ働いてほっぺを上気させている。「朝一番早いのは、ぱんやーのおじさん♪」という唄を思い起こす。(もやし屋も負けずに早いらしいと聞いたことがあるが)さっそく人形入りパンと鳥さんのビスコッティーを店出しして、持ってきた鳥のオブジェを窓に吊したアルファベットパンの飾りに付けたらもっと可愛くなった。よーっし!



 

順調にお客さんも来て下さって。無事に一日を終える。皆さん良い顔で帰って行かれました。




SearchMasterHomePage



- 無料日記帳レンタルhuua.COM - 日記帳検索エンジン -

- この日記帳内容に問題がある場合はこちらからお知らせください -