ぼちぼち更新日記 獏のげっぷ


雅趣kujiraへいく
     ...2006/03/5(Sun)  No.527  
朝一番におじさんとみほちゃんと路世さんと私の四人で刈谷市に行く。お天気は上々だけどすごい寒い。開店前に到着して車で時間をつぶす、刈谷市駅周辺には誰もいない。会場に行くとにしお作品はちょこっと棚の上にあり、赤いシールがついてる。価格3000円台で点数が30点弱というのが痛かったですね、ごめんなさい。

  

中国茶を飲んでほっこりした後一行は一路半田市へ、ギャラリー花蔵に友人(ママ一年生)に会いに。今日は強行軍なのでタイムテーブル通りどんどんいかないといけない、時間の意識がゆるい私は毎度最終電車に間に合わないのである。次は友人(パパ一年生)が昨日から焚いている登り窯へお邪魔してお祝いを渡しに。赤ちゃん誕生のお祝いには福音館書店の絵本を贈る事がとても多いのですが、今回も「かばくん」と「かばくんのふね」をセットで。

 きたきたきたきた きたきたきたきた くつしたはいてる すかーとはいてる はんずぼんはいてる げたのこもいる  
 
そして、常滑に戻り「MA.YU」へ行く。ただいまーってかんじで気持もゆったり。由実さんは
「早かったネー!」と驚いている。ふふふ今日は気を付けてたからね。後ろから6月に出産を控えている照ちゃん(私が常滑にいくきっかけを作ってくれた友人)が追いかけてきて久々の再会。全員集合みたいな感じになる(笑)。それにしても常滑の若者達は少子化に負けずにどんどん結婚してどんどん出産している。ここにくると当たり前の事が当たり前である。生きてくたくましい力を感じる。
最後の用事、みっちゃんはおじさんの狛犬工房へ用事を済ませにいき、私は照ちゃんと一緒に絵描きの松永賢ちゃんのアトリエへおじゃましに行く。アトリエ前の道路に下ろし金の埋め込まれたアスファルト発見!芸術的。


 アトリエでは身の丈ほどあるパネルに全裸の女が蛸を片手に立つ絵が制作途中である。いつもここはロックな空気。


お土産に京都からモー娘二冊SPEED一冊の写真集を持参したので手渡すと、さっそくパラパラとご満悦の画伯↓


気に入って頂けましたでしょうか?

プップーと亀岡製陶アトリエアパート前の路上でみっちゃんが呼ぶ、ケンちゃんは妊婦の照ちゃんに「いい子をね。」と言い、私に「にしおさんはいい子でね」と。
みっちゃんの車に乗り込んで無事二日間の知多半島の旅は終了。奈良まで帰る道のり寒気がするし、のどはイガイガする。あー、寒かったもんなー、手洗いとうがいも充分できなかったしなー、と嫌な予感。田原本駅で降ろして貰って近鉄で京都へ帰る運びに。京都行きの急行に乗るも、お腹が痛くなって大和西大寺駅で途中下車したりする。妙に勘のいい夫が連絡してきて丁度帰るというので途中の駅で待ち合わせしていたがトイレ休憩を入れた私は遅刻のヨレヨレでごめん。仕事が火を噴いて会社連泊であった夫とは一週間ぶりの再会。お互いヨレヨレ。あ?散髪した?うん、会社の近くで‥なんて会話を交わしつつ家路につく。



代理人
     ...2006/03/04(Sat)  No.526  
週末、雅趣kujiraさんへ行って来ました。名古屋で友人の出産祝いと結婚祝いを探して歩き、ふと電波の届くところへ出ると着信が10件。
すわ、夫の身に何か起こったか?!と思いきや記録は「雅趣kujira雅趣kujira雅趣kujira雅趣kujiraおじさんおじさん雅趣kujira」急いでおじさんに掛けると「いやーなんも用事ないよ。どこらへんにおるう?」ということで、ギャラリーに電話すると「完売しちゃったんだけど、もしまだ出てないようだっら追加作品をお願いしようかと思って」ということであった。当然在庫なしのにしおは謝るしかないのであるが、、はて?誰が大人買いしたの?じゃなくて、まだ二日目のお昼で、しかも明日は日曜日で。。うー、パソコン無いし、どうしよう。
仕方ないので夫に代理で告知してもらうことに
し、よって下のようなカチカチの急告とあいなりました。悪しからずご了承下さい。ご来店の皆様ありがとうございます!遠いところから来てくださった方、また毎度毎度楽しみにして下さっている方感謝です。会期中お客様のご厚意で花の妖精を14点ほどギャラリーに展示してくれてますので見ることはできます。私以外の作家さんのすてきな作品も見られるので是非お楽しみ下さい。


【急告:昨日より開催のギャラリー雅趣Kujira〜心のなかの天使〜にお越しの皆様へお知らせです】
     ...2006/03/04(Sat)  No.525  
(管理人の依頼による代理投稿です)
皆々様、常日頃のご愛顧まことに幸甚に存じます。
昨日より開催のギャラリー雅趣Kujira〜心のなかの天使〜にお越しいただきました皆様大変ありがとうございました。
にしおゆき商品が、本日終了の時点ですでに完売となり在庫がない状況で、一部展示品のみご覧いただける状況となっています。
明日以降ご臨場いただける皆様には、こういった状況で大変申し訳ございませんが、よろしければ楽しんでいただければ幸いです。
ギャラリー雅趣Kujira〜
http://www.h5.dion.ne.jp/~g-kujira/
****************************************
(管理人依頼による代理投稿@JR京橋駅付近の大人の歓楽街の漫画喫茶3Fより至急電です)


本日より開催中!
     ...2006/03/03(Fri)  No.524  
愛知県刈谷市の雅趣kujiraさんでの展示会が本日より始まりました。お近くの方、興味のある方は是非お越し下さい。私は5日に顔を出そうかと思ってます。
今回はアルファベット順に26点の「花の妖精」を作りました。下の写真は月見草の精です。




指輪の塩漬け
     ...2006/02/26(Sun)  No.523  
夕方から 夜を唄う歌手 原マスミ氏 のライブを聴きにLiveHouse拾得(迷わずにすんなりと辿り着けた事がない)へ出掛けた。夫と東風さんも仕事を終わらせて駆けつけた。彼の唄を聴くと毎度感動して泣いてしまうので、ハンカチを握るが、あからさまに「あたし泣いてます!」と主張するが如くなのが嫌だ。こんな時には自作の「布の指輪」が威力を発揮か?さりげなく指輪に涙を吸い取らせるのだ。予定通り(?)ライブ中盤より泣き始めその内に指輪には納まらない液体が床に落ちていく。指輪はぐしょぐしょで塩っぽくなってしまった。これじゃ初夏の山にはめていったら虻がチクチク舐めに来るに違いない。今日はお誕生日の次の日という事を小耳に挟んでいたので東風さんに頼んで「人形パン」を持っていった。見ず知らずの人に食品を貰うって恐いかも。とも思ったけど「毒とか入れてませんから、大丈夫ですから、、」と緊張のためにわけのわからん事しか言えなくなっている私に「いや、毒が入ってても僕、大丈夫ですよ。」と小さい声で原さんがわけのわからない(スミマセン)フォローを。「へー、こういうの初めてだ。」と、概ね喜んで下さったようにみえたので良かったー。嗚呼、こういう時に上品な振る舞いと気の利いた一言の言える大人の女性に、来世では生まれたいものだ。
MCで原さんは今年51歳だと独白されてて、本気で驚いた。まったくそうは見えない。でも、そうなのだ。24歳の時、戸川純の一人芝居「マリィヴォロン」を観に行き、確かその頃彼女が36歳で凄く可愛くて「こういう36歳になれたら年齢もこわくないな。」と勇気を得たものだった。(今35になって全然外見は無理だったが、中身は大丈夫、あんまり成長なし)さらに、今日その上をいく原さんを観てまたもや勇気を得た気分である。素敵です。




SearchMasterHomePage



- 無料日記帳レンタルhuua.COM - 日記帳検索エンジン -

- この日記帳内容に問題がある場合はこちらからお知らせください -