ぼちぼち更新日記 獏のげっぷ


行って来ます。
     ...2006/06/23(Fri)  No.588  
石垣、黒島、沖縄本島の旅に出掛けてきます。海水入れ替えてきます(過去の日記*成分解析の巻参照)。
その間は夫のサイトでもお楽しみ下さい。古い
フラッシュ漫画やサラリーマンやさぐれ系日記もお奨めです。
うみのいきもの
http://www002.upp.so-net.ne.jp/kujira/umi.html

そして明日のお宿 楽天屋
泡ぶくぶく*サイト
http://www3.big.or.jp/~erm8p3gi/


搬入してきたよ!ピース
     ...2006/06/22  No.587  
太陽カフェ内小さい部屋へ搬入して参りました。シルバーリングを作っているFOUJITA女子が値段付けをばしばし仕切ってくれて、カッター仕事は西岡女史がバリバリ手伝ってくれたお陰で一夜明けずに帰って来られました。ありがとうございました。合掌。んで、納品した商品の全ては、このところかかとの裏の裏の奥底に仕舞い込んでいた乙女心が爆発なのです。



は、搬入だよ。わお!
     ...2006/06/22(Thu)  No.586  


今日は「小さい部屋夏展」の搬入の日!
貴金属の全く似合わない(ちえみちゃんのような)人のためのアクセサリーを作ろうッというので、糸と布のアクセサリー を小さい部屋夏展に出品します。(陶人形とDMに書いてるけど嘘です。すんません。)へなちょこですがまあまあ可愛いのんが出来てますので見に来て下さいね。梅雨やけど私はDM一枚も出してないけど、そんな逆境に負けず遊びに来て下さいね。
これから値段つけます。





そーいえばFOUJITAをみてきたよ。
     ...2006/06  No.585  


梅雨入りですね。
全然日記が書けません。いや、日記が書けない事と梅雨入りは直接関係ないですけど。指輪を作るのに集中して針を使いすぎて指先が腫れているのです。(指の腹が痛いヨー。シャンプーの正しい仕方で使う部分が痛いヨー。)とまあ、全く余裕のない中「藤田嗣治展」にはしっかり行きました。松永氏(松永賢画伯)も名古屋からおいでて一緒に眉間に皺を寄せたりにたにた笑ったりしながらジロジロみてきました。すぎょい良かったですよ。「欲っしいー!この絵が欲しい!」「あ、こっちも良い!圧倒的にここの三枚が良い!欲しい!」などと大騒ぎしたのは藤田氏第一回目のパリ時代の作品でした。かの藤田嗣治もはじめはキュビズムってみたり、お友だちだったモディリアーニそっくりの美人画を描いてみたりしながら、さんざ試行錯誤の上、あの「素晴らしき乳白色」を手に入れることが出来たのです。なんて事もわかって年代順に展示してある絵をみるのは興味深いものです。作品に画家のいのち全て現れている気がします。描く=生活。賢ちゃんも私も結構好き嫌いで絵を見ますが賢ちゃんの場合どうやら画家という職業柄作家に親身になってしまうようで「一時期いやーな絵描いてるもんね」と中南米時代の絵を嫌な絵だと勝手に確信したりもするのですが、常設の日本画を観てる時「なんでここに狐描くかね、幻滅やわ。葡萄だけでよかったんと違う?これほどの素晴らしい葡萄を描いておきながら勿体ない!こういうのを蛇足というのよ!」と私がバッサリやったら「まあ、そういうもんなのよ。ごにょごにょ・・」と自分が描いた絵でもないのにマジで泣き顔になってましたのよ。ふふふ、楽しいです。どえすになります。




タワーを観るための廊下
     ...2006/06/14(Wed)  No.584  


蒸し暑さで不快指数が高い今日この頃、いかがお過ごしですか?沖縄から長雨で中城村マンション崩落ニュース、、気の毒です。大変です。月末から旅行に出掛ける予定の沖縄です。はあ、気が滅入る。昼も夜も「小さい部屋の夏展」の準備で糸と布のアクセサリーを制作。
夕方仕事で出張していた蒲郡の小学校から夫が帰って来る。「野外授業に付き添って海のイキモノについて子供たちの質問に答える」というなかなか楽しそうなお仕事。昼食は教室で生徒と一緒に食べる展開になったらしく(でも給食じゃなくて豪華な弁当だったらしい)「小学五年生って、もう大人かなーと思ったけどちゃんと子供だったよ。可愛かったよー。」だったらしい。私が着て行くようアドバイスしたティム・ビスカップの巨大イカ怪獣のTシャツ(しかもGAMA-GOと書いてある)がウケたらしく。つかみはOKだったらしい。内助の功だね。ムシムシするので今にも雨粒の落ちてきそうな空を睨みつつ、シャワーを浴びてから京都タワーを眺めに行こうという事に。京都駅の展望廊下(?)へ行く。ここの大階段って高所恐怖症の人にはお勧めできないですね。現実離れしてて私は好きですが・・中国人観光客よ、危険なのでエスカレーターの降り口に大勢で立ち止まるんじゃない!登ってくる人こみで後ろの景色を撮影するんじゃない!フラッシュたきすぎ!空腹で2秒おきに急速にやさぐれ度が増す相方に取りあえずカフェテリアでビールとスモークサーモンのサンドイッチを与えてから、いざ展望廊下へ。廊下は暗くてひんやりしてて静かで人がいなけりゃ最高にロマンチックなのです。ガラス張りで真正面から京都タワーを眺める事が出来ます。わお!タワーいつみても派手ー!かっこえー!昭和ー!円谷っぽいー!と今日も大満足。ビュースポットが3カ所あるんですが、どこも一組ずつカップルが絡み合って立っててそれを目の隅から排除して景色を見るのに大変苦労します。よそいってやれー!(まあ、そういうことするには絶好の場所なんだけどね)

GAMA-GO (Tim Biscupのアパレルブランド)『ガマゴ』
http://www.gama-go.com/




SearchMasterHomePage



- 無料日記帳レンタルhuua.COM - 日記帳検索エンジン -

- この日記帳内容に問題がある場合はこちらからお知らせください -