ぼちぼち更新日記 獏のげっぷ


五条坂陶器祭り はじまる
     ...2006/08/06(Sun)  No.602  
いよいよです。
今年も例年通りに五条坂の南側で五条郵便局より東へ徒歩5分のあたりに緑のテントで出店しておりまーす。朝10時から夜11時まで長いので是非遊びに来てくださいね。

私はブランコをぶらぶら販売します。あとの二人は素敵な器を沢山販売いたします。



陶器祭り会場地図こちら↓
http://www.toukimaturi.gr.jp/kaijyou.html


箸置き
     ...2006/08/05(Sat)  No.601  
毎日飽きずに暑い。陶器祭りの季節ですものね、そりゃ暑いよねーと、ちまちまとした作品を窯からあつつつつーとか言いながら出した。なんとなく仕事場の床にずらっと並べて見る、牛の歯みたいな白い箸置きを自分なりのルールで並びかえたりして一人でしばらく遊んだ。
白い箸置き、沖縄の海を思い出すような箸置きを作りたかった。知り合いの手作りの竹箸を置くと、急にご馳走が運ばれてきそうな上等な雰囲気になった。


本を売りたい
     ...2006/08/01(Tue)  No.600  
五条の陶器祭りの時に「本」を売ろうと思ってます、小説(単行本)がほとんどです。夫の本棚から。お安いのでお盆の昼寝のお供にいかがでしょうか?
全部で43冊あります。

こちらが出品リスト

http://www.organsha.net/furuhon2006.htm

買いに来てね!


記念日
     ...2006/07/30(Sun)  No.599  
近所のドラッグストアが段々「わからなく」なってきている。
以前から奥の方で酒類や保存のきく食品は売っていたのだが、近頃は食パンを販売、その内に売り出しのテッシュ箱やトイレットペーパーの積み上がった店頭台横にて野菜まで売り始めたのである。その内に喫茶コーナーやなんかも出来るかもしれない。同時にマメに福引き抽選会なども開催しているようなのだ。先日一度に2千円以上買い物したら抽選券をくれた。抽選券にはマジックで「7月30日」と書いてある。ほぼ毎週楽しみにしている連ドラでさえ最終回だけは見逃すような私である、わざわざ行けないだろうと思いつつも、なんとなく捨てらずに財布の中に入れておいた。
そんで今朝。モーニング(我が家のプチブーム)を食べに行った帰り道「ウナコーワがもう無いよ」というのでテクテクと一番近い薬屋まで行くも定休日。「角のドラッグストアへ行ってみようか」と足を伸ばしてみたのだ。
したら「あ、今日だ…抽選会」
ウナコーワを買って、もの凄いキャラの濃い人達の列の最後に並ぶ「なになに?一等は米5L、二等は発泡酒1ケースかインスタントコーヒー6種類詰め合わせギフト、三等は調味料セット、四等は醤油、5等はカスで袋菓子やサトちゃんの人形か・・米は田舎から送って貰っているからむしろ二等の発泡酒が良いな、その他は全然いらんなー…」夫が濃い人種の放つエネルギーに当てられフラフラと外へ消えていくのが見える。お婆さんが福引きをしている間、列の隣で長い時間待たされていた車いすの痴呆老人がストレスに耐えかねたのであろう「バーン! ば、ば、バーン!。ばかやろー!」と無表情のままで断続的にどなり始め、辺りの緊張が高まるが、あまりの蒸し暑さと高濃度な人間エネルギー磁場(なんのこっちゃ)のためにその緊張感はいい具合にエッジが溶けており、うう、町田康的情景だ、がんばれ私。目の前のオレンジのワンレンのちっちゃいおばさんの番、3回ハンドルを回す、「カラン、カランカラン」と白玉が3つ。残念ハズレ!よし、私は黄玉狙いだ。「カラン。」「あ、えーと黄色は、二等ですね。おめでとうございます。」やった?えー?やったね私。と、どこからともなく現れた夫がよっこらせと発泡酒のケースを担ぎあげて「当てた?」と意外そうな顔で言う。「当てたー(喜)!」こんなの生まれて(大げさ)初めてよ。
だから今日は私の「福引き記念日」なのだ。


雨のち冷凍ぱん
     ...2006/07/25(Tue)  No.597  
「これ食べてみよう 日々是好物」のページを更新しました。

http://www.organsha.com/shiinomi/index.html

祭り用にはタイルと箸置きを作る!と宣言しておきながら、ふと気付くとお手ては小さいお人形を作ろうとしているのでした。それでも、気難しいお手てちゃんの機嫌を損なうことは何よりも恐ろしく不本意なので仕方なくやらせています。久し振りに空に晴れ間が見えるので慌てて洗濯機をゴウンゴウン回しながら朝ご飯は冷凍ぱん(東風の)とサラダ(鳥取のおばあさん作の野菜)と卵やき(ミルクと塩の)とグレープフルーツジュース。
昨夜、夫の留守に今更ながらDVD「花とアリス」を鑑賞、思ってたより全然面白かった。そう言えば土曜日には UA 主演の「水の女」を観たが、そちらは好きじゃかった。この監督の性描写が嫌いかも。「赤目四十八瀧心中未遂」を観た時と同じ後味の悪さを感じる、やはりラブシーンは肝心かなめ。映像的にはおお!と思うところもあるのに話が全く無いというのはやっぱり辛い。気持はわかるが…惜しかったとケチョンケチョンですみません。そう言えば、もうちょっと前に「DEATH NOTE」も観ましたが、まあそれは又今度に。






SearchMasterHomePage



- 無料日記帳レンタルhuua.COM - 日記帳検索エンジン -

- この日記帳内容に問題がある場合はこちらからお知らせください -