ぼちぼち更新日記 獏のげっぷ


ネコの手。
     ...2007/01/07(Sun)  No.683  
出来た帯留めを持って奈良の北村さんちへお届けに参ろうかと思っていると電話があって吹雪なので来ない方がよかろうと言うので急遽やめにして宅配に頼ることにしました。そんなわけで夫が連休中に仕上げねばならぬと持ち帰った宿題でぎゅうぎゅうと苦しんでいるので、お手伝いをすることに。去年一年を通して季節ごとに行なった野生動物の調査資料を見つつ種、科、目別に数を勘定する仕事。それにしても、こうやって見るとただの数字なんだけど、休日返上で暑い中寒い中クマ出没の恐怖に戦きながら山に入って池をのぞき込んでは足跡や糞にいたるまで見落とさぬようにぼろぼろになりながら集めた結果とあらば、身も引き締まる思いです。そっれにしても、ぬーーーややこしい。両生類カエル目アマガエル科アマガエル。カエル目アカガエル科ヤマアカガエル。トウキョウダルマガエル。ナガレタゴガエル。シュレーゲルアオガエル。うえええええー。ニホンザルって尾短いけどオナガザル科なんだね。ネコ目の中にイヌ科もイタチ科もクマ科もあるんだね、へえ。と少しお勉強にもなりつつ。でもややこしかー、一瞬で目が悪くなりそうだす。

余談ですが、こっそり覗いたら夫の仕事資料のフォルダ名が「鳥類地獄」「昆虫地獄」「小動物地獄」になっていました。「鹿とかの大きい動物は何地獄?」と質問したら切れ切れになりながら「小動物地獄の中に爬虫類地獄と両生類地獄と哺乳類地獄に分かれててそうゆのは哺乳類地獄の中!」と吐き捨てられました。夫は野生動物を心底愛しています。いひひひ
駄賃に●ーみやんで白粥をおごってもらいました。合掌


大晦日からお正月へびょーん。
     ...2007/01/05(Fri)  No.682  
あけましておめでとうございます。旧年中は、ぼちぼち更新ならぬのろのろ更新の「獏のげっぷ」日記を読んで頂きましてありがとうございます!今年2007年も懲りずにお付き合い下さいますよう、皆様宜しくお願い致します。晦日の日、暮れのお買い物で町に出れば、お正月準備で賑わう人人人ひとの群れ。ひゃー!錦市場の麩嘉で行列に並んでお土産用の生麩をやっとのことで購入。その後すき焼き用の牛肉をもとめる三嶋亭の大行列を横目で見つつ通り過ぎ・・サンシャインカフェでお昼を食べてへとへとで帰宅。
←牛肉に群らがる人々
夫婦揃って大騒ぎで年賀状を書く。大晦日は朝から夫の実家鳥取に帰省し、紅白のトリ、さぶちゃんの「祭り」で盛り上がり、行く年来る年が始まったら恒例になっている近所の神社への初詣にも出掛けました。
今年はおみくじ「吉」。良かったー、でも寝る前に時代劇を見すぎた為でしょうか?初夢が刀で切られる夢。ぶるぶる・・とどめに頭もぐさぐさ刺されました。はあ、なんとか古い自分を脱ぎ捨てて生まれ変わるという解釈にこじつけて頑張ります。
今回はお姑さんとお婆さんからご指導頂きながら、少しだけ絣織りをさせて貰いました。昔はこの辺りの主婦は当然のたしなみとして誰でも普通に織れたそうです。凄いナー、ほんの10cmくらいだけでしたが、楽しかったです。止まらなくなります。でも大変な下手くそで両脇がびよびよになってしまいました。ほんとに不器用・・治りませんね。


記憶の波紋
     ...2006/12/27(Wed)  No.681  

出してもらったデザートがゴン太くんに似ていた↑
高知から歩屋(高知の東南アジア的ごはんやさん)の歩美さんが訪ねて来てくれた。暮れにきてサプライズな贈り物だなーと、とってもうれしかった。去年初めて友人に連れられて歩屋に行って歩美さんを見た瞬間に激しい懐かしさに襲われて「幼いとき絶対会ってる!」と確信に近いものを感じたので幼稚園からの経歴を聞いたが全然かぶってなくて、それでも詳しく聞いていると私が短大生で19の時に彼女が一年だけ京都に住んでいた事と高校生の頃通った画塾が一緒であることが判明したのであるが、私の脳味噌で何か疼くのはもっと遙か昔の記憶箇所であり「そーかなー?それかなー?」というかんじであった。だので、たぶんコレまで何度も運命はすれ違ったはずであり、上から見てるとさぞかしもどかしかったであろうな。そんなわけで30も半ばになって二人はやっとお互いに気付いたのであった。彼女とは雨降りの京都駅で再会して太陽カフェに行くのであるがバスに揺られながら景色がわからないほど二人とも話し続け、時間が惜しいのか二人して必死なのだけど途中で「ん?何話してたんだっけ???」とまったくまとまらんのであった。どちらも脳年齢80歳くらいの感じ。とりあえずDIDI(行きつけのカレー屋)に行って
さらにお店の苦労話やら何やら聞く。顔を見ていると親戚のようにも思えるほどなのに、何一つ彼女の事を知らないわたし。不思議。私がこうばしい匂い(例えば紹興酒など)が苦手という話から匂いと記憶の結びつきの話しに至り、子供の時入って遊んだビニールハウスの匂いと水滴の音と湿度の話で盛り上がる。「匂いって、なに?このキュンとする感じは?てなるがねぇ」と言う彼女の顔をみながら「うん、そしてそれがあなたを見た時の感覚だよ」と胸の中で思っていた。月並みですが、一生のうちに出会う人が決まってるような運命的な気分になりまする。


スキップ
     ...2006/12/26(Tue)  No.680  
そういえば、以前書いたのだが夫に某スーパーの商品券が当たったと電話をもらい、夫婦で受け取りに行ったのだ。商品券を受け取る夫の背中が明らかに嬉しそう、久し振りに顔全体が黄色く輝いているようにみえる。商品券が入った封筒を握りしめて店内をクルクル回ってワインを選んでビールを選んで「もう、あと無くなるよー」と名残惜しそう。。ははは、ほんとに良かったネー。本命だったはずの「牛肉はいいの?」「・・・・、買うっ。」「買いなされ(笑)。」
神様、おるね。


クリスマスと正月がいっぺんに来るの巻
     ...2006/12/25(Mon)  No.679  


今年も届きました。お友だちからの贈り物。本と萌え度満点のチョコレート(パステルカラーの菓子に弱い私)、それから手作りのマフラー留め。ありがとう!あなた方のお陰で今年もクリスマスを忘れずにいられました。


それと同時にミアケちゃんからもお正月用のしめ縄飾りが届く。ありがたやー。高級チョコの威力は小粒でも強力で毎日数個食べて翌日は顔に数個ニキビができます。ふふふ





SearchMasterHomePage



- 無料日記帳レンタルhuua.COM - 日記帳検索エンジン -

- この日記帳内容に問題がある場合はこちらからお知らせください -