ぼちぼち更新日記 獏のげっぷ


富士山登山
     ...2007/11/22(Thu)  No.837  
例のいわくつき福助が姿を現してきた。これを作るにあたって頭にあったのは「富士山」だ。裾野から徐々に積み上げてまだまだどんなお顔が出てくるのか想像もつかない。制作に掛かる前にスケッチをしてたのを見たらしく夫がアドバイスをしてくる「老婆心ながら一言忠告させてもらいたいんだけど」「うん何?」「メガネはやめた方がいいんじゃない?」ははは、それはただの落書きじゃよ。安心して



焼くと10%ほど縮むから、生の時を見るとほんとに大きく見える。まるで山。形の上だけではなく気持ちの上でも「登山」である。ゆっくりゆっくり、調子が良くても急いではいけない。積んでは休ませ、休ませては積んでいく。柔らかい内に一気に積むと重みで崩れてしまうのだ。上まで積むのに3日かけた。



そしてやっと頂上が見えてきた。この間スーさんから聞いた富士登頂の際にした「お鉢巡り」の話を思い出しながら積んでいる。ここはいわば火口である。夫は「なんか頭山みたい」と言う。違う、違うよ。桜の木を抜いた穴じゃないんです。ここにこれから丁髷が乗って完成なのだす。



お鉢巡りについて
http://www.city.fujinomiya.shizuoka.jp/kankou/fuji/ohachi.htm


紅葉はじまる。
     ...2007/11/19(Mon)  No.836  
ピーカンに晴れた空を見上げて「散歩いきてー!鳥見に行きたいー!」と騒ぎ、夫につきあってもらって、東福寺までちょい長めの散歩。鴨川にはユリカモメ、ヒドリガモ、コガモ、オナガガモ、カルガモ、ダイサギ、カワセミ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、キセキレイ、ジョウビタキ、イカルチドリ、アオサギ、、ざっと見ただけでも20種類近くの野鳥、冬鳥のシーズン。この季節は一週間に一度くらいはお天気の良い日に川辺に行かないと損だ。そして東福寺に到着今朝テレビで中継をしていたらしく。紅葉はまだ50パーセントというところだけど結構な人出だ。



回廊から覗き込み、彩り美しいこの今一瞬を焼き付ける。かあさんに電話して「紅葉はじまるよー。今東福寺。遊びにおいでよ。」と言うと「今冬眠中」という返事。


ロバパン完成する
     ...2007/11/16ゴロの日記  No.835  
ロバ人形が無事に完成して、パンに入れるラッピング活動をするために東風へ行く。臨時休業になった店内はシャッターがしまっていて暗くて、人見知りのワタシには大変落ち着く場所だ。工場っぽくて良い。


すっかり顔色の良くなったロバくん


白い紙にくるまれておとなしく出荷を待つロバくん達


ぱっくりと口を開けてロバを待つごまバンズ達


我らから中村夫妻へのお祝いの気持ちを表現した品

コングラッチュレーション!!


福助とお福さん
     ...2007/11/10くらい  No.834  
夫の実家よりおじいさんとおばあさんの米寿のお祝いをお正月にするという事で「福助とお福さんのセット」を15組承った。
東京から戻ってすぐ、お祝いの気持ち と 感謝の気持ち と 健康を祈る気持ち を込め念じながら、順調に福助をどんどこどんどん作っていた。乾燥させる内に、裏に次々と亀裂が出来て全てダメにしてしまった。ここまでひどく失敗した事は忘れているのかもしれないけど初めてなので、戸惑い落胆する。今度は用心して、いつも通りの雑念いっぱい、甘いものを食べる事 や殺人事件の噂や かわいい蓮の顔 や ジョジョの奇妙な冒険 や 芸能人のゴシップ なんかについても普通に考えながら、適当に力を抜いて型抜きをした。今度はいつも通りうまくいった。慣れないことはせぬが肝心である。



残念ながらこれら全て心尽くしの残骸


きゃぴきゃぴと姦しい窯の中


巨大福助発注
     ...2007/11/7ぐらいから記憶をたどって書いてる  No.833  
中野のちえみちゃんちで二人してまったりと、みのもんたの昼番組を見ていた。
松居一代が出てきて「掃除力」について語り始める。その内にシンクまわりの掃除の仕方を実演つきで説明「ワタシは掃除力を高めて一億五千万円の借金をすべて返しました!」と瞳を見開いて歌うように話す一代。偉いなーと他人事程度には思う。でも、見ているうちに術に掛かったか、自分ちの排水溝が気になってきて、むずかゆい気分になる。「でも、ほんと玄関を掃除してたら仕事の電話がかかってくる。」とちえみちゃんが言った。くわばらくわばら、玄関の掃除はやめとこう。
冗談はさておき、その日新幹線で帰宅しておつかれさまーなんて夫に言われて、どうもどうもと二人でお土産の駅弁を晩ご飯にして食べ終わるとまず、台所の排水溝を洗った。古い家なので、あんなごぼっとした排水溝じゃないしほんとちょろっとしか洗うとこがないんだけどね。シンクもてきとーに磨いて、ほかの汚さが目立つくらいにはきれいになった。
次はお風呂に入って、お風呂場を徹底的にやっつけるつもりだった。でもタイルの目地まではちょっと今日中には無理だなと思う。くじけてそれ以外の所を洗う。だんだん楽しくなってきて、水回りだけは掃除楽だよなーと思う。水で流せるもんな。そして翌朝からタイルの目地を歯ブラシでごしごしとこすって、自分的にはとてもきれいになった気がした。あくまで自分的には。
掃除は継続が命だからして(我が家のずぼらな構成員二名にはお片づけとお掃除が荷が重く)まあ風前の灯火なんだけど、まあ自己満足と納得は大事だからー、ヨッシーも言ってた「納得が一番大事だよ」って。んな事をうだうだ思いながら、疲れてごろ寝して、休憩しすぎている間にメールが届いていた。
「至急社長に連絡して下さい!なんでも衆議院の××さんとこで福助をみた福田首相が気に入って欲しがってるらしいです。」とまあ、こんな内容で。福田首相?福田さん?メガネの? なんのこっちゃ?!
 そういえば、常滑時代におせわになってた社長さんに、昔巨大な福助を贈った。そしたら、それを見た議員さんが欲しがったので、そのひとが衆議院選挙に当選したときにあげたよ。という話は聞いていたが、そんな事もあるのかなー。と思い電話をしてみた。「ゆきちゃん?そう、そうなんだよ福田さんがねえ、気に入ったらしいよ、そうそう。あの福田さんメガネの!」と言う。サイズは以前の福助より大きくしてほしい、納期は聞いてないけど福田さんが首相の間じゃないと駄目じゃない?という注文だった。
漫画みたいな話。すべらない話のネタみたいな話。
一代よ、これの事か?掃除力って。。





SearchMasterHomePage



- 無料日記帳レンタルhuua.COM - 日記帳検索エンジン -

- この日記帳内容に問題がある場合はこちらからお知らせください -