ぼちぼち更新日記 獏のげっぷ


ふくだ福助のその後。。
     ...2007/12/28(Fri)  No.852  


首相の福助を製作していたのです。
そう、昨日までは。しかし、今朝仲介して下さっていた方より電話があり「ゆきちゃんっ!代議士のひとが松屋へ行って、大きい福助を買って福田さんにあげたんだって。年内に贈りたかったみたいだから。喜んでくれたらしいよ」との事。ああ、やはり間に合わない私だった。結局、色付け途中の冨士山のような超特大福助さんは手元に残ってしまった。
ともあれ、私の福ちゃんは首相の元に届いたらしいので良しとしよう。送って壊れないか?とか、お歳暮にまみれて迷子になりゃあせんか?とか悩まずに済んだことだし、むしろ良かったかな?ということにしよう。
ということでトップページで居眠りしながら夢見ている福助さんが福田さん(のピンチ)を支えるべく旅立っていきました。そういえば、あれを仕上げているとき妙に平和を想う気持ちとか感謝の気持ちとか、次から次へと勝手にわき起こってきて幸せな気分だったよなー。。(12日あたりの日記参照)大きい子だった割には安産でした(笑)。
とまあ、ちょっとした報告。


10人+3人+2人のお人形について
     ...2007/12/25(Tue)  No.851  
今日で「sweets10展」は終了しました。ご来場の皆様ありがとうございました。何かの理由で来られなかった方も、来年はまたお人形と一緒に首をながーくしてお待ちしております!
さて、今回作ったお人形を(お嫁入りした子も含めて)ずらっと紹介してみます。
まず、10種類のクッキー(塩のビスケット、卵白のあっさりクッキー、抹茶のクッキー、きなこのクッキー、ゆずジャムのソフトクッキー、ラズベリージャムのソフトクッキー、チーズのクッキー、ジャガイモとレモンのクッキー、ローズマリーのクッキー)を焼いて貰ったので、それぞれの味に合わせた10体のお人形を作ってみました。


ローズマリーの子 (お嫁入り)

プレーンの子 (お嫁入り)

きなこの子(お嫁入り)

ラズベリージャムの女の子

じゃがいもとレモンの男の子

塩のビスケットの子 (お嫁入り)

卵白のあっさりクッキーの子

チーズの子

ゆずジャムの子 (お嫁入り)

グリーンティー (お嫁入り)

それに加えて他のお人形を3体展示


ポケットからビスケット (お嫁入り)

天使のお出掛け (お嫁入り)


ちいさいコックさん (お嫁入り)

それと会期途中でいろどりやさんに納品したお人形二体、仲良し二人組が冬の旅に出掛けた雰囲気の女の子たちです。


コートの子 と あひるのスカートの子 


りすのさがしもの/ことりのさがしもの
     ...2007/12/23.24  No.850  
お昼になって、続々お客様がご来店。
皆さんクリスマスの休暇で、お顔が和やかに見える。楽しんでいってね。
完成した
江頭+にしおのオリジナルケーキ
「りすのさがしもの」(チョコとナッツのケーキ版)


りすとどんぐり(白と茶色がありました)の陶器おまけ付き

葉っぱのかげにどんぐり発見!


「ことりのさがしもの」(りんごのケーキ版)


こちらは陶器のたまごがおまけ

「ことりのさがしもの」(オレンジのカラメルケーキ版)


透き通ったカラメルバードも成功!

さがしものの在処



最初のお客さんの「わー、可愛い!!美味しそう!」という声で私たちも少し安心して「よしっ」とガッツポーズ。
忙しい中、かぜっぴきの中、駆けつけてくれた友達から靴下やねずみの木彫りなど涙がちょちょぎれるクリスマスプレゼントを貰ったりして・・・

売り場の方も、あんなにあったえがちゃんのクッキーはすっかり残り少なくなりました。
お人形も、良縁のあった方に続々お嫁入りしていき、あと4人に。感謝です。ありがとう!



初めこんなにあったクッキーもお皿も今はほとんど売り切れました。




私はオリジナルケーキの注文がある度に厨房でケーキを真剣勝負でお皿に盛りつけていく。一方、えがちゃんは盛りつけとかラッピングとか苦手というので、皿洗いに専念して、バイトの女の子に感謝されたりして二人とも「一日(二日だけど)カフェ店員」気分を味わう。




メリークリスマスイブ!二日間
     ...2007/12/23・24  No.849  
23、24は「江頭+にしおのオリジナルケーキ」を太陽カフェでお客様に食べて頂ける日でした。
夕べ練習した通り、皆さんに喜んでもらえるケーキを準備、色々微調整もあったりして、メニューは二つあり、「りすのさがしものケーキ」は一日目はブッシュドノエルとチョコレートバナナケーキを選べるように、前日頑張った「ことりのさがしものケーキ」は予定通りりんごのケーキにカラメルの小鳥をあしらったもの。24日はそれプラスオレンジのカラメルケーキが選べるように。朝から三人とも真剣そのもの。食べ物ってやり直しがきかない上にひとの口に入るから身が引き締まる思いです。






それをじっと見守る太陽カフェのマスター




お客様到来 と くりすますの特別ケーキ準備
     ...2007/12/22(Sat)  No.848  
年末の忙しい時間を縫って、お客様が足を運んでくれてます。ありがとうね。嬉しい気持も少しずつ増えて来て緊張と疲れから安心と笑顔に変わってきた感じ。それと逆に江頭氏はまだまだケーキ作り真っ最中なのでお疲れモードなのだ。頑張れえがちゃん!続々とえがちゃんの女子トモがご来店だぞ!




夕方からえがちゃんと西岡さんと三人で明日からカフェで食べて頂けるクリスマスのオリジナルケーキについて打ち合わせ


ブッシュ・ド・ノエルに栗鼠を乗っけて・・


こっそり足元にドングリを隠す。
名付けて「りすのさがしものケーキ」

もうひとつはリンゴのケーキ、リンゴの上にカラメルを敷いてその上に動物を乗せようか?とも考えたが、何とも言えず「紅玉」のバラ色が美しいので、なんとかそれを生かしたい!という気持がメキメキ湧いてきた。


美しいリンゴの上に陶器の卵

ここに「透き通った小鳥」をカラメルで作って乗せられないだろうか?と、びびび!閃く。
えがちゃんに「カラメルで鳥を作りたいんだけど」と言ってみるが「出来る気が全然しないんですけど」と拒否され。
「ぬぉっ!それならワタヒがやってやろうじゃんか!」ますます燃えてくる。
で、やったことないカラメル細工に挑戦することにした。鍋で煮溶かしたカラメルを、キッチンペーパーの上に小さじ一杯ほど垂らしてもらって、それを熱い内に爪楊枝でクチバシとしっぽを作る。二人三脚、餅つきのような「あ・うん」の呼吸が求められる。


鍋を持つえがちゃんと覚悟した私




沢山できてだんだん上達する偽ぱてぃしえ




SearchMasterHomePage



- 無料日記帳レンタルhuua.COM - 日記帳検索エンジン -

- この日記帳内容に問題がある場合はこちらからお知らせください -