ぼちぼち更新日記 獏のげっぷ


春の帰省 3
     ...2008/03  No.890  
今日は帰省最後の日。早朝6時半、ハナの散歩について行く。



穴に顔を突っ込んで、しつこく匂いを嗅いでいる。モグラかな?

カワラヒワの大群に出くわしてびっくり。その他ツグミやあムク、セキレイ三種、ジョウビタキが大量にみられる。
変わった鳥はみつけられない。フアフワと白い羽毛が飛んでくるのでその方に行くと真鴨が落ちていた。まだ死んだばっかりでとても美しい。からすが二羽来てつっついていた。





新鮮な肉を見て食べられそうだな。。と思ったとたんに美味しそうに見えてきたけど、鳥インフルエンザが怖いから拾いませんでした。

それから母は夫の早春用セーターをセッセと仕上げてくれていました。



春色セーター2着。

午後帰る間際に、歩屋の歩美ちゃんが忘れてきた上着を届けてくれました。お疲れのところ悪かったけど、もっぺん会えて嬉しかったです。それに、竹の皮に包んだおべんとを持たせてくれました。ありがとう



ネコヤナギの小枝一本...いとおかし





春の帰省 2
     ...2008/03  No.889  
帰省2日目の夜、南国市の歩屋さんであがた森魚ライブ開催。人手が足りなくなったと「モギリ」のお手伝いを急遽お願いされて、喜んでお受けするが、慣れない雰囲気アンドお金を触るので激緊張する。たどたどしさ満点のスタッフで申し訳ない。



もっきり屋ならぬもぎり屋。



CDアルバム「タルホロジー」も販売しています。



お客さん50人入ってギューギューです。あがたさんの写真はさすがに撮れませんでした。

けっこう寒い夜でしたが、盛り上がって来るとお客さんの熱気で窓ガラスに湯気が。。あったかいです。

懐かしい曲も数多く。楽しかったです。赤色エレジー、僕は天使じゃないよ、百合コレクション! 最後の最後の1曲は「大寒町」でした。私も一緒に合唱。 思い出すナー、16年前くらいに京大西部講堂で見た「僕は天使じゃないよ」懐かしすぎて痛いくらいです・・青春の色んなシーンがあがたさんの唄とともに蘇ります。
あがたさん年とったなー・・私もですが

終わりが10時過ぎになったので打ち上げには参加せず帰りました。あがたさんに「え?帰るの?ありがとう。おつかれさまでした」と握手を求めてもらいました。恐縮です・・

歩屋さんは大変そうだったけど、またほとぼりさめた頃にライブして欲しいです。そーだなー原マスミさんとかたまの知久さんとかのライブが良いと思います。だったら、絶対行きます!お手伝いも頑張ります!!次回こそ上着忘れたりしません。


春の帰省
     ...2008/03/02(Sun)  No.888  
往復バスで三泊四日帰省していました。さすがに高知、一足先にあったかいです。



高知駅近くの駐車場に変な車発見 うしろOK て書いてある



愛犬ハナさんとの再会を喜び、さっそく双眼鏡と野鳥図鑑を持って散歩に同行。犬がいっしょだと鳥が逃げるので、距離を置いて後ろからついて行き、鳥を見つける度に立ち止まって観察していますと、随分大人になっていろいろわかって来たハナが親切でわざわざもどって来たり、立ち止まって待っててくれます。ありがた迷惑なんですけど、、。





今年初めて出会ったカエル!こんちは!起きたばっかりって感じで、最後の日までこの個体以外にはついに会いませんでした。

母親の冬季限定うつも春風吹いたとともにすっかり良くなっていて、別人28号でした。毎年の事ながら、あまりの変貌ぶりに結構ぎょっとするんですけど、本人が楽になって何よりです。良かった良かった。

庭にくるメジロに振る舞いフルーツがしてあった。





メジロは体が小さい割には縄張りを非常に意識するタイプらしくそばに他の子が来ると、とても怒って追い払おうとする。取っ組み合いになって結構長い時間地面で相手を組み伏せるのを目撃して少し驚く。鳥社会も大変だー


ままごとセット
     ...2008/02/25(Mon)  No.886  


春の沖縄「タベルコト展」に向けて、ちまちまとままごとセットを制作中。もぐらやブタ等の小さい動物も注文を受けて制作中。N女史は「タベルコト展」で販売する動物新聞を執筆中らしい。4コマ漫画とか楽しみ。彼方でも此方でも準備がちまちまちまと進むのである。先ほど、夫が「博士の部屋」という連載記事を依頼されたようで、急にどうしようかなー。とくねくねし始め、焼酎を台所から酌んできて「飲みながら考える。」とか言うてマス。記事を考える事とアルコールはかんけーないじゃないのか?謎です。しかし、「菜食のイベントなので、動物を食べるネタ以外でお願いします。」としっかり書かれていたため、かなり頭を捻っています。難しいねー。そして最後に「締め切りは今夜です」とも書かれてました。ははは

たべること展
http://tuktuk.ti-da.net/e1966635.html


ハクセキレイの夜
     ...2008/02/23(Sat)  No.885  

http://www.weblio.jp/content/%E3%83%8F%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%82%A4
こちらで動画が見られます↑

このところ春めいてきましたね。昨日は奈良へお行きました。近鉄奈良線沿線って車窓からの風景が、かなりの確率で田畑が続きます。その度に鳥に目がいくのです。こーいうところには絶対にツグミがいるはず。とか電線にモズがいるのでは?とか、あの群れはスズメかしら?それともカワラヒワ?など気になってしまうのです。加えて、このところ看板ハントをしているのです。「美顔教室ロビン」とか「若草第一荘」などのいい感じのネーミング看板を続々発見して、駅前のひなびた商店街からも目が離せません。(ちなみにこれは5月に予定しているパルペ(豊橋)個展の参考にするためで、看板のみならずええ感じの佇まいもぎょっとするようなインパクトのある建造物も三丁目の夕焼けも真っ青なベタな昭和の遺物も合わせて募集中)到着した頃にはものすごーく目が疲れていました。奈良はなかなかお宝が眠っています。帰りは出張先から戻る夫の車にピックアップしてもらったのですが、21時過ぎの1号線で(高速の降り口京都南あたり)ビルの屋上やその前の電線および道路の上、向かいのコンビニの上空を覆い尽くすように群れてグルグル飛んだり留ったりしている数十羽の鳥の大群を発見。ぱっと見ぃコウモリに見えるくらいのグルグルでしたが、それにしては大群過ぎるし、季節もおかしい、ムクドリにしては尾が長い。。。あ、あのチョンチョンチョンと尾っぽを振るしぐさはー!!セキレイ??
河原で二三羽散らばって、ウロウロちょんちょんやっている所はおなじみですが、セキレイがこんな騒がしい空気の悪くて、電気のまぶしいところにで群れているのは、初めて見ました。
帰って急いでネットで調べたら、ありましたありました。「街中にあるハクセキレイのねぐら」についての記述が沢山、、
以下勝手に引用

http://konashi.exblog.jp/
夕暮れ時、スーパーの出っ張ったロゴマークの処にハクセキレイが留まっていた。
よく見ると、十数羽の群れをなしていて、そこから飛び立った先にある電柱にも、たくさんの
セキレイの群れがねぐらとして休んでいた。
一度にこれ程までのセキレイの群れを見たのは生まれて始めてだった。
セキレイのねぐらは、電柱や街路樹と書かれていた本の事を思い出し、偶然にも
その場所に出くわした事に非常にうれしく思った。

http://www.asahi-net.or.jp/~EP3N-KIZM/digicam/digi03.htm
しかし,ここ10数年のことですが,ハクセキレイが街の中で大きな群れを作って越冬する姿が,首都圏の各地で観察されるようになりました。特に駅前の街路樹などに大きな「ねぐら」を形成するので,気づいた人も多かったのでしょう。 「駅前ねぐら」が見られる時期は,繁殖期の終わった8月下旬頃から,翌年の繁殖期の始まる4月上旬頃までです。
駅周辺のハクセキレイを観察してみたところ,彼らはコンビニエンスストアのゴミ箱で,ゴミあさりをしていたのです。もちろん,それ以外の餌を食べていることも多いのですが,人影のまばらなコンビニの横では,必ずと言っていいほど,ゴミをあさるハクセキレイの姿がありました。なるほど,夜の間にコンビニの客が店の前で食べたものの残骸が,コンビニの周囲に散らかっています。これは昆虫にも匹敵する「高栄養食」です。天王台駅の近くには,かなりの数のコンビニが出店しています。しかも,夜でも灯りの消えないコンビニの看板は,ハクセキレイが暖を取るのにも使えます。しかも,駅前で人通りの多いところなら,カラスなどの外敵に襲われにくい。
 ハクセキレイは,みごとに都会の冬を利用していたのです。

そーか、そうだったのか。すんすんすん(鼻息)!面白いにゃー。色々あるのだなー。




SearchMasterHomePage



- 無料日記帳レンタルhuua.COM - 日記帳検索エンジン -

- この日記帳内容に問題がある場合はこちらからお知らせください -