ぼちぼち更新日記 獏のげっぷ


今年の秋は。。
     ...2008/11/22(Sat)  No.1062  
今年は、しば栗を買った。あんまり小さくて可愛かったので、つい。



下手な渋皮煮を作って、ホットケーキに乗せてみた。





今年も石清水八幡宮へケーブルカーに乗って行きました。
お参りもしますが。



椎の実を拾いにきました。てへへ 



ここのはびっくりするぐらい大きいのです。

大山蒜山のエコモデルツアーに参加しました。





ノルディックウォークにも挑戦してみました。



夜はミーティング。エコツーリズムについて。



蒜山のジャージー牛にも会いに行きました。



ジャージーちゃんたちは、割とすぐに慣れましたが、ホルスタインちゃんたちはなっかなか後何メートルかが、縮められません。


お知らせ
     ...2008/11/22(Sat)  No.1061  
ギャラリーに高知フェアの写真を追加しました。

やっとこさ、神様と柿 そのさん(おるがに社とおかっぱと伊勢うどん)を仕上げました。写真もupしました。ずっと下になっちゃったけど見て下さいねー☆


ひっそりとリニューアルしました。
     ...2008/11/17(Mon)  No.1060  
こっそりひっそり昨日からホームページを更新しました。
TOPページの左側メニューに「定番商品」の項目を追加いたしました。
他も色々工事中で。徐々にリニューアルしていきますので、ご覧くださいね。

豆ちび人形、動物シリーズ、福助等を下記のお店に納品しました。
お近くへお出かけの際は是非お寄りください。

loupe 西荻
http://www.a-loupe.com/
ルーペさんのトップページにうちのろばがー、、可愛い!うれしいな

meguri 神戸
http://meguri-f.jp/

MAYU 常滑
http://www.ma-yu.net/

宇宙茶廊sora 奈良葛城市
http://www.so-ra.jp/gallerysora/Gsora.html

ハナロジ 奈良まち
http://blogs.yahoo.co.jp/hanaroji087087

にしおゆき作品を置いてくださっているお店さん、ありがとうございます。リンクのページも更新します。もうちょっと待ってくださいね。
それからそれから。。
MIETTE 高知 洞ケ島(ケーキ屋さん)にはクリスマスケーキ用のフェーブを納品しました。高知の方で、まだクリスマスのスイーツスケジュールに空きのある方は是非是非ミエットのクリスマスケーキをご予約ください。
1モンブラン 2パリブレスト キャラメルサレ 3ノエル ショコラ 4ノエル ブラン
美味しそう!


ちいさな装いもの at irodoriya.
     ...2008/11/13(Thu)  No.1059  
東京のirodoriyaさんで11日より「ちいさな装いもの展」はじまりました。おるがん社も白い帯留めとブローチで参加しています。冬のおしゃれに+αいかがですか?
今回より帯留めは改良して、裏の帯締めを通す部分にも釉薬をかけてみました。以前のものより、帯の上をすべり易くなったと思います。





展示は27日までです。

irodoriya.
http://www.s-irodoriya.com/


神様と柿 そのさん(おるがに社とおかっぱと伊勢うどん)
     ...2008/11/10(Mon)  No.1057  
外宮を後にして、バスでいよいよ内宮に到着しました。五十鈴川に掛かる宇治橋(一休さんの「このはしわたるべからず」の橋みたいな橋)を渡って「あちら側」に行くのですが、木で出来た橋の上をぽくぽくと足音たてて歩く私たちの背中を朝日がぽかぽかと暖かく照らしてくれて、清浄な五十鈴川の流れがさわさわと耳に優しく。それはそれは心地よいのです。あーしあわせーと声に出してしまうくらいの気持ち良さです。そして五十鈴川の川岸(御手洗場)で心身ともに清めてからのお参りになります。透明な水底にまだ青いドングリが沢山沈んでいるのが見えます。色鮮やかな大きな錦鯉が泳いでいます。神々しい生き物にみえてきます。ワタシの「渋」も少しは洗い清められたことでしょう。それから先ほどおじいさん先生から習った作法でお参りを続けて最後に休憩所でお茶をいただきながら画面で流れている「神宮の一年」のDVDを見ました。それによると、今年初めて神田で採れた五穀を神様に奉納するという今日からの神嘗祭のために一年間があるといっても過言でないほど大切なお祭りなのでした。一通りのお参りを終わって、おかげ横町でお昼を食べる事にしました。(ここまでは、カメラを出せませんでしたので、写真がありません)先ほどと打って変わって賑やかで、色とりどりのお土産ものやいい匂いの食べ物が並び、購買意欲をそそるのでした。なおちゃんコンビは前日から「海老フライ海老フライ」とうげて(うげる→しきりに興奮して騒ぐ事、土佐弁です)いたので、その昔敗戦後GHQをもてなした事もあるといわれる歴史あるお食事処「すし久」で食事することになりました。二階の五十鈴川を望める席に座って、ここの名物の手こね寿司ではなく「海老フライ定食」を注文すると、すっかり落ち着いた気分となり、川を眺めます。



すると川上の方からえんやーえんやーという声が聞こえてきます。川岸ではご婦人たちが火をたいて暖かい飲み物を準備しているようです。段々と声が近づいて来ました。



川の中にハッピを着た人達が何人か腰まで浸かって川上を見守っているのが見えます。



橋の向こうから少しずつ姿を現したのは、イネの束を所々に結びつけた神輿のようなものでした。初穂曳きと呼ばれるものだそうで、子供からお年を召した方まで、こうやって力を合わせて神宮まで初穂を搬入するのだそうです。村持ち回りでやるそうで、今年は大湊という部落が担当だということで大湊というはっぴを皆がきていました。







初穂曳きの到着と海老フライ定食の到着がほぼ同時でしたので



わたしたちもおおわらわになりながら、楽しいひとときをすごしました。んまい!その後お約束の「赤福」ちゃんといただきましたよ。



さて、それから外宮でお祓いとご祈祷をしてもらおうという全員一致の気持ちで、外宮に戻りました。
ご祈祷予約の用紙にそれぞれの名前と代表の住所を書き込み、ご祈祷の内容を説明すると、きれいな待ち合い所に通されます。そこで先ほどのDVDの続きを観ていますと、画面に「なにごとの おはしますかはしらねども かたじけなさに なみだこぼるる」という西行さんの歌が現れました。その通り!言えてます!
神宮では800年も昔の人と現代の人がピタリと重なるといことにジーンとしてしまいました。
ご祈祷は出雲大社での結婚式を思い出しながら、神聖な気持ちになります。「かしこみーかーしこみーー、おるーーがーーんーしゃああーー 、、、ながれぼしーーーしょーくどおおお」と名前を読まれてなぜだか涙ぐんでしまいました。いろいろあったけど、本当にありがたき幸せです。これからも元気で良いお仕事をしていけますように。と心より願うとともに感謝の気持ち、そして今回関わって下さった高知の皆さんとお客さんの顔が次々と浮かんではふわふわと消えていきました。
ありがとうございます。



領収証?おるがに社(笑)です。

帰りにおかっぱ大好きと貼紙のあったモナリザに寄りました。





これがおかっぱ限定おやつの手作りドーナツおいしかったです!
http://www.emelon.net/monnalisa/


モナリザの店員さんに教えてもらった「おすすめの伊勢ウドン」のお店まめやにも行きました。





なかなかおいしかったですよ。
新説「伊勢ウドンと赤福と似ている?!」
京都に戻って、お伊勢参りの報告を小さい部屋の西岡さんにするため、カイラスレストランで待ち合わせ。





ご祈祷でお受けした神饌(お供えのお下がり)を関係者全員で頂くように18くらいに分けました。
イベント前よりもずっとずっと元気になっていたワタシとなちおは「カミサマずっとみてたねー。私らの渋(シブ)も小さい部屋のこけらと一緒に少しは流れ落ちたかなー。」と言いあった事でした。(杮おとしのこけらはカキという字にそっくりだ)帰りにふと見ると、カイラスのウィンドウには、かみさまが柿を枕にしてごろ寝しているオブジェがかざってあり、カミサマが「バイバーイ、あんたらの渋杮ここにあるよん。確かに落としといたよ。」と言っているようでした。






SearchMasterHomePage



- 無料日記帳レンタルhuua.COM - 日記帳検索エンジン -

- この日記帳内容に問題がある場合はこちらからお知らせください -