ぼちぼち更新日記 獏のげっぷ


森に虫草(冬虫夏草)をさがす
     ...2009/06/08(Mon)  No.1177  
月光も白き林で
木の根掘れば 蝉のさなぎの
いくつも 出てきし
ああ それはあなたを想いすぎて
変わり果てた私の姿

というわけで、しばらくずっと冬虫夏草(昆虫やクモなどに寄生する菌類)が気になっていたので、夫の本棚から「冬虫夏草」に関する本を読んで、うずうずと機会を待っていた。
やっと機会を得て、京都の西の方の山に、探しに出掛けた。鳥部(夫と2人と時々誰か道連れ一人で構成)に続く虫草部(夫と2人で構成)の活動である。
沢沿いの山道をゆっくり歩いて、きょろきょろミクロ世界のきのこを探す。鳥を探すのと全く違って、きのこは鳴かないので、思ったより難しかった。


慣れない作業で難航。
それでも、油断すると、靴がズブズブとめりこむような、柔らかい腐葉土の上を、諦めずにじっくり歩いていると、斜面の苔類や木の葉の下から、やっとそれらしき物を三つほど発見する事が出来た。

一つ目はどうやらギロチン(採取する際に誤って子実体(キノコの分かりやすい部分)と宿主(むしさん)がちぎれてしまうことをそう呼ぶらしい)してしまったようで、はっきりと虫草なのかふつうのキノコなのかどうか解らなかった。


これ↑


二つ目は不完全型のハナサナギタケのような感じで土が黒くまぶされた小さい袋状のところから(説明が変ですみません)真っ白い弱々しい花ビラのような菌類がフワリと生えているもの。




掘り起こしたもの

そして、三つめに、とうとうこれがホントの冬虫夏草!という見た目のキノコがお出まし(この日一番のハイライト)



シダの根もとからニョッキリと姿を現したオレンジ色のいかにもという物体の下をギロチンしないように、そーっとそーっと指でやさしく掘ると、大きな宿主があらわれて




「わー!!」と歓声を上げる部員二人。サナギタケ(完全体)のようだ。満足満足

何はともあれ、三つのキノコ採取で、我らは虫草部の幕開けに相応しい華々しいデビューを飾ったのであった。

補足
ちなみに持ち帰った虫草を密閉ビンに沈めアルコールを注いで、標本にしました。その時に二つ目のハナサナギタケの宿主らしき袋を解剖用のはさみで切開してみたら、小さい蛾の幼虫らしき本体があらわれました。

おまけ

普通のキノコもみつけたよ☆







 


ぺたんこネズミ
     ...2009/05/29(Fri)  No.1176  
ちえみちゃんから教えてもらった「キンクマハムスター」のyoutube。

頬袋って深いね。


その後いろいろ
みつけてしまいました。





きみは掃除機か。


雨も悪くない
     ...2009/05/29(Fri)  No.1175  
ファーストレディーにして歌姫、、
映画のような恋ってあるのね。




なかなかおうちに帰れない
     ...2009/05/26(Tue)  No.1174  
ずーっと、引き蘢っている。むかしから、出たら出っぱなし、帰ったら閉じこもりっぱなしのパナシ野郎なのです。

そういえば、過日の高知での日々なーんにも書いてないけど色々楽しいことがあったのなー
去年ホタルを見に行って、お店準備中だったcafeオーチョもオープンしてとても素敵なお店になっていたし、プリンが絶品であった。写真もバシバシ撮ってきたのに、全然紹介できてなくて、、ううう。「出さない手紙」が多くてよわっちゃう。
そういえば、出さない手紙について、boncoinのなおちゃんと、話したなー。切手を貼ってもまだ出せない時があるよね、って話。あの日boncoinに居残りになって、、2人でサイダー飲んでなんか、小学生の頃からわたしって変わってないんだよね。ということをだらだら話した。ちょっとずつ通学路の途中にある友達の家に寄り道してくと、なかなか自分ちには帰れないんだよね。って。
 あの日、午前中は草むしりを一所懸命して、午後から自転車で出かけたら、いろんなヒトと店を渡り歩いて、生ビールをジョッキ3杯飲んでも酔っぱらいにならなかった。結局その日は家には帰らず、翌日の午後最後にboncoinに寄ってから、戻ってきた。丸一日もどらなかったことになる。
前日は一人でウロウロして、寂しかったけど楽しかった。まずPLATにお届けものをして、佐野君とななちゃんの新しいお店 terzo temp に歩いてくと、お客さんが居なくて、元お米屋さんの店内は、道に面して開けっぴろげで、なんだかセットみたいだった。ここに来る人くる人、ショートムービーの一部になる。みたいな。レイコー(大阪人が言うアイスコーヒーのこと)を頼んで、本棚の本をぱらぱらめくり読む。佐野君と話すと、驚くほど純粋なひとのように思えた。中野の立ち飲み酒屋で会った生粋(中野)人の人達を彷彿とさせる根っから良いひとと思えたので、ルーツを聞いたら、東京のヒトだった。住宅地にある「海の家」といった感じで、夏が似合うお店。リラックス!
terzo tempo
http://terzotempo.jugem.jp/
cafe ocho 8
http://cafe-ocho-8.seesaa.net/


夏がちかい
     ...2009/05/26(Tue)  No.1173  
そんでも
また
夏が来ますね。





SearchMasterHomePage



- 無料日記帳レンタルhuua.COM - 日記帳検索エンジン -

- この日記帳内容に問題がある場合はこちらからお知らせください -