ぼちぼち更新日記 獏のげっぷ


七夕はひとりで
     ...2009/07/07(Tue)  No.1202  
こんにちは、今日は、我が家は「けちこん記念日」なのですが、一人で粘土を型からゴイゴイ抜いて、ゴールドブレンドをんぐんぐ飲んで、過ごしています。どうもどうも。そもそも、忘れんように、七夕に入籍するっていう工夫は、なんの役に立っているのか?
こうも、毎年何も祝わないのであれば、もっと地味な日取りでも良かったじゃないか?とも思うが。
いや、そうしてたらお互い二度とすっかり忘れてしまって「七月だったよーな...。??ちがうかー。」となっているに違いない。これでいいのだ。何がいいのだ。

今年は最初、カラ梅雨かと思ったが、すっかり梅雨の優等生みたいなお天気に。
朝は、青空まぶしく目覚めても、お昼くらいから徐々に曇って、その内に稲妻、落雷、通り雨。
こうやって菌類が伸びるのだな。しみじみ、、
何かの本で、雷が鳴ると茸が刺激されていつもより多く発生する。と読んだことがある気がする。本当だらうか?
さても、ほとんどのキノコの寿命は短い。
といっても、「子実体」といわれる地表にニョッキリ出ている部分の話(本体である地下の菌糸は何百年も生きていたりするの)
私の写真を見て頂いても、わかると思うのですが、麗しい状態で発見出来るのは、ほとんどが幼菌(まだ傘を広げて胞子を放っていない、未熟な子たち)で、美しく育った立派なものに出会うのは結構難しい。
それは森の中では非常に目立つので、動物や人間にすぐに発見され、囓られたり引っこ抜かれたりするし、そうでなくても、役目を終えたらさっさと分解されて土に戻っていくからだと思う。
つまりキノコに出会えるのは、少々大袈裟かもしれないけど、奇蹟みたいなものだ。ゆえに笑ってしまうくらい嬉しい。牧野先生だってキノコ踊りしてしまうくらいです。
だから、好奇心だけで、幼菌を引っこ抜くのはヤメてください。(私もなるべくやめます。抜いたらまた植えてね)
キノコを知っている人は、次のキノコを残すために成長しきるのを待ったり、食べるのであれば石づきを残してハサミでとったりしている。

キノコはキノコでも、冬虫夏草の場合は特殊で、その種類によっては成長に何ヶ月も何年もかけたりするらしい。「冬虫夏草の人」等は発見から採取までを何ヶ月も掛けることがある。
全国の菌好きのおじさん達も、今ごろ「誰かに踏まれたり、引っこ抜かれてないだろうか?」一雨一雨を指折り数えて、観察中の菌の無事成長を祈りながら、暮らしているのだろう。
想像するに、「それほど親しくない人と、大勢で焼き肉をして、網の上で自分が目を付けている肉が焼けるのをジッと待っているような気持ち」だろうか?
いくら一番に発見したからといって名前を書いておくことは出来ないんだもんなー。
私の見た「謎の半透明」育ってるかしら?
近くなら自転車で見に行くのだけどな。
やはり気軽に通える近場のフィールドを見つけるというのが、我がクラブの最優先させるべき活動なのかも。


今日のキノコちゃん
     ...2009/07/05(Sun)  No.1201  
今日は、鳥部と虫草部の活動で、アオバズク、キビタキ、ツバメチドリ等、なかなかお得な気持ちになれる鳥を見られて、イタチも三匹、ツバメの卵の殻を拾い、茸もいっぱい見られた。
だから、私は満足しているのだけど、専務はセミタケを発見出来なかったことで、かなりガッカリしていたみたいでした。
というわけで、キノコ沢山撮れました。







いつもは茶色のきのこたんの横が、また茶色のきのこたんだと、地味すぎるかなー、、と、多少考えて、写真を並べ変えたりするのですが、本日は、割とバランス良い気がしたので、撮影した順に並べてみました。









  今日一番のキノコちゃん!「肉まん」くらいの大きさがありました。





 キホウキタケ?



アシボソノボリリュウタケ



 アカヤマドリ?









 シロソウメンタケ

 

近くのお稲荷さんの池に、モリアオガエルの卵。ちゃんと、いい場所みつけるもんですね。





何となく木の根もとの枯れ葉を払ってみたら、半透明の物体が!今後どうなるのか、気になるです。



地点メモ↑ここ。

最初神社に行ったら、ワンワン言うくらい蚊に取り付かれてこりゃいかんということで、一度退散して、スーパーで電池式の「カトリス」と「虫除けスプレー」を購入し、スプレーを全身にDDTよろしくふりかけてから、手首にカトリスを装着して再度のぞんだらビックリするくらい威力を発揮したのでした。
うーん、、化学兵器おそるべし。


いたちをよく見る。
     ...2009/07/05(Sun)  No.1200  
イタチって、夜行性だとか聞きますが、
ところがどっこい
昼の日中に、よく見るのよね。

今日は三匹もみちゃった。

一度目はかなり赤い個体で、口に何か獲物をくわえているの。民家から民家へ小走りで。

二度目は二匹まとめて黄色っぽい子とやや黒ずんだ子。くねくね前から歩いて来たから、動画で撮りたかったです。
精一杯の再現イラストはこちら
            ↓


骨と蓮
     ...2009/07/03(Fri)  No.1199  


大阪市立自然史科学館特別展『ホネホネたんけん隊』の内覧会へ出掛けた。



カメの骨が好き。
この密度の高さが、すごいじゃん。
ほとんど骨って感じでね。
学芸員の人達に骨についての質問を出来るので、とっても勉強になります。
ひとつは、動物の角の話。多くの動物の角は、骨か(鹿など)、骨の上に爪みたいなのがかぶさっているの(山羊など)だけど、サイの角にはまったく骨がないのだそうです。


植物園の方に出てみると、蓮が沢山咲いていた。

 

蓮の丸いつぼみが、大きな桃にも見える。



夢見るように



降り出した雨粒が、葉っぱの上に集まって、急に傾いたかと思うと、一気にもう一段下の葉に、流し込む。ざぁと音がするほど。



二羽のコブハクチョウが、近寄って来た。
公園のどこへ行っても、ハクチョウは、ついてくる。



さすがにこれは、気まずい。

本日出会ったキノコちゃん



9月は、きのこの展示らしい。


楽しみです。

「ホネホネたんけん隊」
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/tokuten/2009hone/index.html


お初!
     ...2009/06/30(Thu)  No.1197  
西の山に行く。途中の竹林で、もしかしたらアレが見られるかも!と思って寄ってみる。
運転席から先に専務が「あったっ!」と発見する。いつも動体視力では負ける、、

アレとは、、



人生初のキヌガサダケ。
食してみたいものだ。



こんなところにあります。



もうちょっと行ったら、もう一つ見つけました。
せっかくなので、美しいレースの部分を触ってみる。思ったのと違ってわりとシッカリした固さがある。指を嗅いだら臭かった。
竹由来の臭さ。
指はずっと臭かった。

本日出会えたきのこちゃん

キイボカサタケ? 

今日のいちごちゃん




ヒメコウゾという木らしい。
沢山なってたけど、食べたら甘みが少なくて、毛がいがいがする。
ずっといがいがは続いた。




SearchMasterHomePage



- 無料日記帳レンタルhuua.COM - 日記帳検索エンジン -

- この日記帳内容に問題がある場合はこちらからお知らせください -