ぼちぼち更新日記 獏のげっぷ


beach combing > ビーチコーミング
     ...2007/07/27(Fri)  No.776  
**お知らせ**
次回展覧会のページにはお知らせしてなかったのですが、*9月5日水曜日から一週間ほど
「小さい部屋」(京都)にて西岡女史と二人展をしようという話になっています。彼女の縫うエプロン的なものと私の作ったビーズと布のアクセサリーと少しの人形を展示販売いたします。その頃まだ暑いとは思いますが、店内は涼しい雰囲気にしてお待ち致しておりますので、宜しくどうぞ。

と、いうわけで人形を坐らせるための流木を拾いに出掛けたいなーという事になりました。
またまた夫に相談すると「はい、じゃあ、西岡さんは病み上がりだし 君も体力が病人並みなので、二時間以上車の旅は避けたい、一番近い「若狭湾」が良かろう。それでも見つからなかったら日本海沿いを移動しながら探せばいい。ということは半日コースだから、君はこれとこれとこれを準備して。西岡さんには日焼け対策を万全にしてもらって下さいね。それから天気予報によると このへんで行っといた方が良いようだね。早く!ちゃんとして!」との事でしたので、敬礼して「はい、隊長!」と指示に従うと早速連れて行ってもらいました。

どんな粗末なお弁当でもいいから何か持っていきい、とお出掛けの時はいつも思うのですが、我が家は思い付きで動くことが多いので、なかなか機会を失っていたのです。今日こそは。と重箱におにぎりとおかずを詰めて久し振りに満足しました。



まず見つけたのはこの凄く素敵な沈没船。未来少年コナンに登場しそうな可愛いフォルムです。全身フジツボのヴェールにおおわれて今回の展示イメージにぴったりです。
ただ重量オーバーなので拾ってはいけませんでした。



海底がそのまま見える透明度。きれいな水。いますぐ泳ぎたい

そしてお弁当の時間





今日のメニュー
塩鯖、とり竜田揚げ、茗荷入り卵焼き、金平れんこん、牛蒡サラダ、赤ピーマンのサラダ、小松菜のナムル、煮豆、トマト、おかかのおにぎり梅干しおにぎり

腹ごしらえをしてまたリアス式海岸を進みます。時々浜に降りて流木を探しては見るのですが梅雨が抜けて海開きを迎えた浜は地元の方々がきれいに掃除した後でめぼしい流木は全て燃やされた後のようでした。残念だけどそれならと沢山落ちているシーグラスを三人で夢中になって拾いました。





時々カタクチ鰯が落ちています。食べても大丈夫なくらい新鮮だけど、その辺りに一杯いるカモメは見向きもしない



鰯は影に拾って貰おう




比叡山
     ...2007/07/27(Fri)  No.775  
沖縄から帰ってきて、西岡女史を長い間「てごうてない」(土佐弁)のでそろそろご機嫌伺いをしなくてはいけない。と、夫が言うので、七夕の日の夕方突然に西岡女史宅を訪問し半ば拉致気味に連れ出して比叡山へ行って来ました。

山の風は適度に湿気ておりひんやりと気持ちよいのです。



その時、車窓から湧き水を発見。カラのペットボトルを手渡すと走り出す西岡女史




嬉しそう。



久し振りのドライブは楽しかった?


花鳥園
     ...2007/07/27(Fri)  No.774  
おるがん社は遊んでばっかりでダメじゃん。大丈夫なんかい?はーい、気を付けます。

が、その前に神戸の「花鳥園」に行ってきました。TVコマーシャルを見て超憧れていたのですが、沖縄からの帰りに神戸空港の次の駅で降りるとそこは「花鳥園」!三宮までのチケットを無駄にしてでも今ここで行っておかなければ!

一歩踏み込めばそこは魅惑困惑の楽園

ベゴニアが空中からウェルカムハンギング!
食堂のテーブルにはベゴニアの花(受粉用に摘まれた雄花らしい)がグルグルプカプカ


ここは放し飼いの鳥たちに餌をあげたり楽しく触れ合えたりするというのが売りのアミューズメントパークなのです。





ワタクシもびびりながらチェレンジしてきました。まず事務仕事の時使うような腕抜きをはめて鳥の鋭い爪から二の腕を保護します。





可愛い!かわいい!かわいい!
ついでに鳥係のお姉さんたちも可愛い!
園内がとても清潔で鳥一羽辺りに与えられている面積もまあまあ広いので比較的のびのび生活しているように見えました。鳥好きのヒトは要チェックです。あとこんなに沢山の種類のフクロウを間近で見られるなんて驚きです。


それと、この鳥!睫毛が長くてチンパンジーみたいですごく可愛かったよ。小さい(レンズマメくらいの)餌を一粒ずつ手からあげたら、くちばしが大きすぎて上手く取れなく餌カゴに落ちるのだけど、沢山落ちてる餌の中から私のあげた餌だけをちゃんと探して食べてくれるの。胸きゅん!だわ。




沖縄雲の上日記*その5
     ...2007/07/22(Sun)  No.773  
一週間してから夫が沖縄入りしてその3日後に母もやってきた。去年見て感動して母を連れて行きたかった所に一緒に行けて嬉しかった。植物好きの母のこと、南洋の木々に咲く美しい花をみては喜び



海の蒼さを見ては喜びしてくれた。



定番の観光コースにも行けたし

ちゅらうみ水族館







フクギ並木




母がテイキンザクラが欲しいと大騒ぎしている。→と、目の前でその木をチョンチョン剪定しているオジイに出会い



枝を貰うことが出来た。持ち帰って挿し木にするそうな。ヤレヤレ良かったねー。

旧中村邸


かまどの湯が座敷からも使えて便利!ここに暮らしてみたいね。それにしても。くつろぎすぎ?

それから満月が海から顔を出す所を見に行った。月の出る時刻を調べて車で小さい島に渡って。



太陽が月にバトンタッチする時間帯辺りはほんとうにきれいな紫の空気に包まれて母は水の中へ



「出てくるとしたら、、この方角かなー?」当てずっぽうで見上げた空とは違う



私たちの真正面からお月様は登場して



やがてワタシラの足元までまっすぐ輝く道が出来る。奇蹟のワンシーン。



沖縄雲の上日記*その4
     ...2007/07/20(Fri)  No.772  
連日東風もレストランも大盛況。
トラネコランチ
バビロンカレー


おるがん社も皆さんに仲良くして頂いて・・
これは何をしているところでしょうか?(オーナーのホズミ君)


かなり真剣に「縦列駐車」をしているのでした。

そして、イベントが終わって夫が合流。東風さんは帰京しました。入れ替わり。そして居残り。これからがバケーション!




リャマとか羊とか暑くても大丈夫なのかな?いいやいや、絶対大丈夫じゃないはずですよ。



ぐるぐる廻ってサトウキビを絞っている水牛は日向ではノロノロ。日陰に行くとスピードアップしていた逆の方が良いのでは?

今回初めてモノレールに乗りました。スコールが正面からやって来てびしょぬれになりながら眺めの美しい電車に乗り込んだ。その内にピタリと雨はあがって、遙かに見下ろす海には虹の橋が架かっている。




沖縄のビルの屋上には緑と貯水タンクがある。
たまにすごいやりすぎている人がいて笑える。


もう何だか分からなくなっているビル





SearchMasterHomePage



- 無料日記帳レンタルhuua.COM - 日記帳検索エンジン -

- この日記帳内容に問題がある場合はこちらからお知らせください -