ぼちぼち更新日記 獏のげっぷ


夜の植物園★その二 オオオニバス開花!
     ...2007/08/19(Sun)  No.787  
連日二夜で夕方から牧野植物園へ家族と出かける。ただいま植物園はイベント「夜の植物園」開催中(21時まで夜間開園)まずは明るいうちに温室にて食虫植物展を見る。





牧野植物園(五台山)は子供のころから何十回と通った特別な場所。園内に入るといつも心は童心にかえります。このこじんまりとした温室もまたとても懐かしい場所です。ここへくると本当の敷地の広さの何倍もの奥行きを感じることができます。園が五台山の自然に融合する形で存在しているのもあるのですが、実際に目の前にある植物園が、その奥の方では記憶の中の美しくて妖しくて懐かしすぎる「記憶の植物園風景」とつながっている気がしてしまうのです。自分が死んでしまったらここらへんの空気に混じって漂っていたい。ここ以外には考えられない。
と、私がぼんやりしいる間にも、夫は小学生の時に食虫植物栽培に熱中した経験があるらしく、展示物に張り付いてガリガリ熱心に観察しています。



夜の植物ガイドツアー(月見草、カラスウリ、夜顔、パラグアイオニバスなど夜にしか花を咲かせない幻想的な植物を観察するツアー)の目玉パラグアイオニバスはこのときまだひらいておらず、とりあえず今のお姿をパチリ!



坂を登って新しい本館の方で「夕暮れエコカフェ」と題して高知のいろんなお店が出店しておりました。歩屋さんもはなればなれ珈琲さんも出店中。




アジア弁当最高!

帰りにもう一度温室に立ち寄ると満員御礼でしたギュウギュウ。



オニバスもお目覚めのご様子うっとり



牧野植物園サイト
http://www.makino.or.jp/index.html


はなのお風呂と次のお客
     ...2007/08/19(Sun)  No.786  
はなをお風呂に入れる。



二人目の散髪をした。



広いのに はなさんがわざわざ夫の足の近くで寝ている。



夫の散髪今年になって三度目。ひと月に一度なのであまり上手にならないけど一センチも切ると随分さっぱりするので自分的にはまあまあ満足。夫はなんでもいいらしい。。ちなみに自分のもずっとしている。真後ろの毛がはさみから逃げてしまって大変切りずらいが力技でなんとかしている。


お父ちゃんの散髪をする
     ...2007/08/19(Sun)  No.784  
はなさん、お久しぶりでごんす。



お父さんを散髪しました。
ちょっぴりげじげじに



夜の植物園★その一 フォレストハウスランタン
     ...2007/08/18(Sat)  No.783  
お盆の最終日、鳥取からまっすぐ南下し高知へ。
翌日母が応募していた「牧野植物園」でのランタン作り教室に両親と母のお友達のタケちゃんとわたしら夫婦5人で参加することになった。




ランタンの作り方を教えてくださるのは造形作家の前川秀樹さんです。ひととおり説明を受けていざ工作!



大人もこどもも思い思いに工作、ほんと皆さん上手で普段からやってらっしゃるなーという感じ脱帽!



園の方が用意してくださった木の実や枝や葉っぱの材料を使います。



わたしのテーマは夜のどうぶつ(森の中)です。英字新聞でハリネズミとかコウモリとかフクロウを切り抜いて張り、その上にセロハンを張り込みます。灯りが入ったとき影絵のように動物が浮き上がる算段。でも、明るいところで見ると明らかに皆さんより見劣ります。みじめなので残り10分くらいになって急いで屋根に木の実をぺたぺた貼る。なんとか出来上がる。



工作室を出て点灯式の会場へ涼しげな水場の前が展示スペース。



出来上がってホッとするもつかの間、実はここからが正念場なのであった、原始的な火起こしを体験してから自ら造った火をランタンに入れようというのである。



なかなか難しいがなんとかクリアし自分の火をうれしそうに大切に運ぶ



ビクトリー!


滝に降りる
     ...2007/08/15(Wed)  No.782  
夫の故郷に里帰りし、妹ちゃんと一緒にビリーに入隊。きつい..



と思ったら、筋肉痛になるまもなく翌日は夫にそそのかされて一向平から大山滝へ。超過酷なハイキングコースでダイハード。









ビクトリー!!




SearchMasterHomePage



- 無料日記帳レンタルhuua.COM - 日記帳検索エンジン -

- この日記帳内容に問題がある場合はこちらからお知らせください -